ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」が気になる

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

オニバス新店舗で出会った
経年変化を楽しむエプロン

ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI
ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI

ONIBUS COFFEEといえばレザーエプロン。キャメルカラーの革に真鍮のナスカンをハトメに通した、たすき掛けの胸当が代名詞。奥沢、中目黒に次いで2019年5月末オープンの八雲店でそのエプロンを見せてもらった。モデルを買って出てくれたバリスタ山田哲也さんは言う。

「使っているうちに革が馴染んで体にフィットしていくんです。見た目よりもずっと軽く、肩もこりません」。

膝丈までのレザーに加え、肩紐も大部分は本革仕様。真鍮だってそれなりの重さだろう。ところが、持ってみるとたしかに軽い。それでいてペラペラなチープ感は微塵もない。既製品とはひと味違う一点ものの佇まいがある。

くだんのエプロンは、すべて二子玉川SOULTREEに工房を構えるアーティスト(原田圭介さん)がオーダーメイドで仕上げている。今回、山田さんが着ているのは八雲店オープンに合わせてオーダーした新作。創業依頼アップデートを繰り返した、これが5代目だそう。

追い求めた使いやすいカタチ

ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI
ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI

ハンドメイドを生業とするクラフトメーカーならともかく、コーヒースタンドでレザーエプロンは珍しい。オーナー坂尾篤史さんに尋ねてみた。

「オーストラリアのコーヒータウンでは珍しくありません。カラダにぴったりのレザーエプロンを着たバリスタたちがかっこいいんですよ。奥沢店をオープンさせたとき、いまの職人さんに雰囲気を伝えて制作してもらいました」。

ポケットの位置、脇の角度、ハトメの間隔。着心地や使用感をスタッフから吸い上げては、職人にフィードバック。毎回ディテールを話し合いで詰めながら、アップデートを繰り返すこと4回。こうして自分たちの使いやすいカタチに至った。

誰が着てもフィットする。ゆえに一人ずつ割り当てではなく、各店舗スタッフみんなで使い回すのがオニバス流。程よいエイジングは誰か一人によるものではなく、みんなでつくりあげていく。

コーヒーはものづくり、が坂尾さんの考え。既製品に頼らない自分たちらしいエプロンへの追求も、ものづくりの一環と捉えれば合点が行く。残念ながら非売品だけど、お客も一緒になってエイジングを楽しめるエプロンだ。

ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI

こちらは7年分のドリップ時間が染み込んだ「初代エプロン」。新店舗で大切に保管されていた。

ONIBUS COFFEEの「革のエプロン」
©YUJI IMAI

レザーはかすれ剥がれ落ちてしまってはいるけれど、茶褐色に輝きヴィンテージものの風合いが漂う。

取材協力:ONIBUS COFFEE

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!

関連する記事

辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
ともに年を重ねていく。一生モノのエプロン。とにかく、そのこだわりがスゴい。そのぶん価格もすごい。(一般販売予定価格3万4800円)よほど共感できる人でなけ...
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」より、コーヒーかすを再利用した「コーヒー石鹸」がデビュー。
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
今回は、恵比寿に8月13日にオープンした「JANAI COFFEE」。こちらのお店、実は「あること」をすると秘密のバーに入れるコーヒースタンドなんです。気...
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。