このエプロンは「誰かが捨てた衣類」からできている

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

KAMIKATZ TAPROOM
不揃いのリメイクエプロン

全国の自治体で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を発表し、今では80%以上の再資源化に成功している徳島県上勝町。この小さな町のブルワリーが東京タワーのふもとに進出。RISE & WIN Brewing Co.KAMIKATZ TAPROOMだ。

上勝産の丸太を用いたカウンターや空きビンを再利用したシャンデリア、町のコンセプトそのままに廃材を利用した内装ばかりに目が行くが、エプロンだって見逃せない。じつはここのエプロン、誰かが着なくなった衣類を集めてリメイクしたもの。よって、素材も生地の色もバラバラ。

「家庭で不要になったものが集まるリユースの拠点が上勝町にあるんですが、そこで古着や端切れを集めてエプロンに仕立ててもらっています。ひとつひとつ色も柄も違うので、着る側としても毎回楽しみがあります」。

新しいエプロンが届く日は早い者勝ちで選べるそうで、シフトの心理戦が行われている。スタッフの谷口貴将さんが、最近新調したばかりのエプロンを見せてくれた。

ニット地を胸元で切り返した胸当てタイプ。手に入った生地をパッチワーク調につなぎ合わせたもので、無地、迷彩、ストライプ……なるほど、たしかに柄も素材もバラバラ。ふたつとして同じものがないわけだ。

©YUJI IMAI

古布を集めてつくるエプロンが
ゼロ・ウェイストの精神を届ける

町の廃材を利用したインテリアの中でクラフトビールを楽しむ店らしく、スタッフエプロンも古布から。さもありなんと頷けても、人口1600人にも満たない上勝町の、それも廃品回収所に集められた古着だけを使うとなると、素材選びだけでも手間ははかり知れない。

けれど、そこを譲るわけにはいかなかった。上勝町の“ゼロ・ウェイスト”精神をクラフトビールで体現するRISE & WIN Brewing Co.。いくら時間がかかっても、廃品を活かしたエプロンをつくりたいという代表田中達也さんの熱意が、同じ徳島県内(藍住町)で「しごと着」をコンセプトにしたブランドjockricを動かした。

「家族経営の小さな縫製工場なんですが、ひとつひとつの仕事がとても丁寧。廃材を使うことの意味や醍醐味に共感してくれて、一緒にやることになりました」。

©YUJI IMAI

RISE & WIN BREWING Co,代表の田中達也さん。

©YUJI IMAI

切り返しから下のパッチワークだけ見ても、素材の違いがわかる。左は初代のエプロン。

不要となった古着を継いで接いで。古布を使ってはいても、使いづらさや着心地の悪さを理由にはできない。フィロソフィも大事だが、用途として成立することが大前提。そこを大切にしてくれる、と田中さんはJockricを評する。

機能性が高く、なおかつデザインのいいエプロン。インパクトの大きさでは店内装飾に軍配があがる。けれど、エプロンをフックに上勝町やゼロ・ウェイストがお客とのコミュニケーションに登場することがある。

「インテリアでも、エプロンでも、ビールの味でもいい。ちょっとずつ裏側にあるストーリーに触れていってくれると嬉しいですね」。

上勝町の取り組みをそのまま東京に持ってきた意図、古着のリメイクにこだわる理由がそこにある。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

jockric
家業を引き継いで2013年より、「しごと着」をコンセプトに新たなワークウェアを提案するブランド。2017年より上勝町に工房を構え「jockric REBUILD」を立ち上げ、ゼロ・ウェイストを表現したプロダクトをスタート。

取材協力:RISE & WIN Brewing Co. KAMIKATZ TAPROOM

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!

関連する記事

中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
ともに年を重ねていく。一生モノのエプロン。とにかく、そのこだわりがスゴい。そのぶん価格もすごい。(一般販売予定価格3万4800円)よほど共感できる人でなけ...
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...