娘のお弁当づくりの副産物。クリエイター和田率の「どこにもないエプロン」

人にもモノにもストーリーがある。逆に言えば、ストーリーがないモノに僕らは惹かれない。
そんなストリート世代特有の価値基準はパパになっても健在。どんな時代でも軽やかに柔軟にマイウェイを貫いてきた、ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズを紹介します。

題して「DADTOOLS」。

実用性とうんちくのハイブリッド。ママも必見、スタイルのあるパパたちのモノ選び。第8弾はクリエイターでremy代表の和田率さんです。

©2019 TABI LABO

広告代理店勤務を経て、現在キッチンツールの企画開発を手がける和田率さん。アイデアは現場から生まれる、と長女の小学校入学を機に毎朝のお弁当づくりをスタートしました。趣味のサーフィンのおかげで早起きだけは得意。

とはいえ、単なるパパのつくる弁当ではつまらない。そこで、お弁当を通した食育メッセージ&娘へのラブレター「お弁父(父がつくる弁当)」をInstagramに投稿。これが予想外の大反響。2018年3月には、お弁父を一冊にまとめた本が出版されるほど。

ということで、和田さんオススメの家事・育児グッズもキッチンからご紹介!

アノ煩わしさを解消する
タオル一体型のエプロン

©2019 BLAST13DEDICATION

お弁当づくりが毎朝の日課となった和田さんですが、当初キッチンは何かと面倒なことばかりと感じたそう。なかでも悩ましいのがタオルでした。

定位置があるようでないのがタオル。必要なたびに取りに行く余裕もないし、ひとたび持ち出すとどこに置いたかわからなくなる。洗った手を拭き、カウンターまわりの水気をはらい、熱い鍋もタオルで掴む。
なのに……必要となる場面で、その都度探し回ってしまう。ママたちは毎日これで平気なんだろうか?

「この先、僕らはあと何回キッチンでタオルを探せばいい? もうストレスでしかなかった。だったらエプロンとタオルを一体化させちゃえ、って」。

持ち前のクリエイティビティを発揮して開発したのが「zipron(ジップロン)」。エプロンとタオルをジップでつなぐ。これなら、探す必要もない!

©2019 BLAST13DEDICATION
©2019 BLAST13DEDICATION

タオルは今治産の最高品質。でもこれだけじゃ普通。そこで、zipronは大量生産の中で生じた“残糸”を使ってつくることに。一定の残糸がストックされてはじめて生産できるレアもの。さらにはエシカルなオマケ付き。また、エプロン部にはナノテクノロジーが生んだ機能素材「Nano-Wing®」を採用。シワや汚れに強く撥水性や速乾性にも優れた新素材です。

既存のスタイルに捉われない柔軟な発想で、あの“面倒さ”を解消する合理的なエプロン。ときどき料理、なパパにオススメです。

「とはいえ、ママたちだってエプロンは使う。首紐は自在にサイズ調整できるアジャスター仕様、腰紐もバックルで仕上げています。これなら紐を結ぶ手間だって省けますからね」。

これからの家事に必要なのは男子目線

©2019 BLAST13DEDICATION

日々の家事をアイデアでサポートする。かっこよく言えばそうですが、そもそも多くの発明の出発点には、“面倒くさい”という超個人的なワガママが存在したんじゃないか、と和田さん。

ストローを例にこんな話をしてくれました。本来まっすぐなストローの口元に蛇腹が付いたのは、単純に誰かが顔をストローの先まで持っていくことに面倒さを感じたからでは?

「そもそも便利なものにだって、そこにワガママを加えることでさらに良くアップデートできる。面倒くさいと思うことのなかに、まだチャンスがある気がします。となれば、これからのキッチンツールのアプデートに男目線は不可欠でしょう」。

IoTにしても、AIにしても、そういうのはオトコの方が得意。家事は面倒くさいもの。そう思っているパパたちも、やってみると思わぬ気づきがそこにあるかもしれませんね。

©remy

Zipron 4600円(税抜)
機能性エプロンとハンドタオルがひとつになったremyオリジナルのエプロン。今治でつくられるタオル生地は、生産の中で生じた“残糸”を使用している。3色展開。詳しくは公式サイトへ。

Top image: © 2019 BLAST13DEDICATION
スタイルのあるパパたちオススメの家事・育児グッズ

関連する記事

英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...