アレキサンダー・リー・チャンの育児グッズ。抱っこしたままでもサマになるモッズコート

人にもモノにもストーリーがある。逆に言えば、ストーリーがないモノに僕らは惹かれない。
そんなストリート世代特有の価値基準はパパになっても健在。どんな時代でも軽やかに柔軟にマイウェイを貫いてきた、ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズを紹介します。

題して「DADTOOLS」。

実用性とうんちくのハイブリッド。ママも必見、スタイルのあるパパたちのモノ選び。第4弾はスケーターであり、デザイナーでもあるアレキサンダー・リー・チャンさん。

©© 2019 BLAST13DEDICATION

1990年代のスケートシーンを牽引したリーさん。現在もプロスケーターとして活動する傍ら、アパレルデザイナーとしても自身の名を冠したAlexanderLeeChangを運営しています。

4年前に長男が生まれ、ストリートキッズもいまや立派なパパ。子育ての実体験をベースに開発した、抱っこしたまま羽織れるモッズコート「freaks mods coat」がリーさん推奨の育児グッズ。

“抱っこ時のスタイル問題”を
スマートに解決するコート

©2019 BLAST13DEDICATION
©2019 BLAST13DEDICATION

なんでもこのアイテム、お子さんの誕生をきっかけに開発したものではなく、プロトタイプが存在するんだそう。偶然の産物のようなひらめきが、パパとなったリーさんに訪れました。

「もともとは前身頃の長いパーカーだったんだけど、長男が生まれたあと久しぶりに着てみたら……あれ、これ使えんじゃね?って」。

そもそも前身頃の長いパーカーをデザインしているという時点で、リーさんの遊び心が垣間見えますが、実際のところ、寒い時期に子どもを抱っこしたままお出かけする際のスタイリングは悩ましい。普段のコートでは前が閉じないし、オーバーサイズのものでは野暮ったくなるし。

©2019 BLAST13DEDICATION

「抱っこしている状態でも、していなくても、開いても、閉じても、サマになるコートがあればいいんじゃないかと。モッズコートってもともとオーバーサイズに着るものですし、そういう要素を過去のアイテムに注入していったわけです」。

長い前身頃で抱っこしたまま包めるうえに、腕周りや背中はすっきりしたシルエット。抱っこしていないときでも、前身頃を折りたたんで着用できる優れものなのです。

境界線をつくらない
ミックスカルチャー的スタンス

あらゆる要素をミックスして自分なりのスタイルを生み出す。これこそストリート世代特有の前向きなDIY精神。なにかひとつにストイックになりすぎず、ほどほどを保ちながらデザインや街着の感覚を大切にしたい。リーさんのものづくりのスタンスです。

デザイナーがスケーターだからといって、スケートに特化した服ばかりの提案ではなく、デッキに乗る人もそうでない人のことも考えてつくられた、街に繰り出したくなるカジュアルなウェア。それをどうスタイルに取り入れるかはこちらに委ねる。だから、あえてパパ専用とか、育児用とカテゴライズしたくないともリーさん。

「着る人をあまり限定したくないんですよね。パパもママも、そうじゃない人が着てもカッコ良くなければ僕がつくる意味がない。そういう視点はつねに持っています」。

子どものためにスタイルを変えるのではなく、育児もスタイルのひとつに取り込むように。毎年少しずつアップデートされるモッズコートに注目です。

©2019 BLAST13DEDICATION

freaks mods coat 18 4万3200円(税抜)

ゆったりと体を包み込む様な変形モッズコート。ラフに羽織ることで生まれるドレープ感も魅力。2016年SSより展開し、毎年マイナーチェンジをしながらアップデートしている。今シーズンのものは残念ながら完売中。最新情報はブランドサイトをチェック!

Top image: © 2019 BLAST13DEDICATION
スタイルのあるパパたちオススメの家事・育児グッズ
こんな抱っこ紐を待っていた!tempra cycleオーナー小林健太さんによる、ミリタリーテイストのベビーキャリア。
tempra cycleオーナー小林健太さんの育児グッズ。ストリート世代パパ特有の遊びゴコロを感じます!
アクティブなライフスタイルを地でいくGO OUT編集長がオススメする育児グッズ。
編集者、プロデューサーの引地海さんオススメの育児グッズはVitamix。子どもウケが抜群だそうです。
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
モデルやMCとして活躍する佐藤研二さんがオススメする、旅にもデイリーユースにも活躍するベビーカーです。
外遊び大好きなふたりの息子を連れて公園へ。編集者、プロデューサー引地海さんオススメの虫よけスプレーを紹介してもらいました。
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
「The Dad Hoodie」は、名前が示すとおり子育てを頑張るパパ向けにつくられました。哺乳瓶やおむつ専用のポケットとおしゃぶりなどの小物が入るポケッ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...