イギリスには、育児休暇ならぬ「ペット休暇」があるらしい

飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽きません。

そんなとき、ペットにも飼い主にも優しい素敵な制度がイギリスで広がりつつあります。

ペットが慣れるまで
育休認めます!

93b1c7b71ee1edf66cb30b29ae39de6028c5b8dd

イギリスのペット保険会社「Petplan」の最新の調査によると、まだ数は少ないものの新たにペットが家族に加わった労働者のおよそ20人に1人が、彼らのために休暇を使っていると「Mirror」は報じています。さらに、このペットのための育休が無くても約20%の人たちは、休みを取ったり時間を割いて、慣れるまでケアにあたっているという報告も。

イギリスで急速に広まりつつあるペットのための育児休暇。「Paternity leaves(父親の育休)」になぞらえて、犬やネコが爪でひっかくの意(Paw)を付けた「Paw-ternity leaves」という表現で呼ばれています。

10時間から最長3週間
企業によってさまざま

6c21e9eba49d7e73f6d71f8d492712935063aab4

このペット休暇を最初に導入したのは、やはりペット保険会社の「Mars Petcare」。同社はペットを新しく家族に迎えた従業員に対して、10時間の育休を認めました。この制度のおかげで従業員たちは、しつけ教室に通わせたり、獣医の予約を入れたり、新しい環境に慣れるために絆を深めるなど、時間を有効に使えたようです。

「家族として迎え入れる際、どれだけ一緒にいてあげることが大切かを会社としても理解しています。社員にはペットを飼う責任を負担に感じず、安心して彼らと過ごしてもらいたいという想いから、この制度を導入しました」

とは、同社の人事ディレクターKate Menziesさんのコメント。このペット休暇が過ぎてしまった後も、会社に同伴することもできるんだそう。

B0599cd7346217b47ccb5dc857d03653704efa1a

さらには、最大3週間のペット休暇を認めた企業も。

なんでも、マンチェスターのITカンパニー「BitSol Solutions」の創業者Greg Buchananの家庭には子どもがおらず、代わりに飼いはじめた子犬の世話に9ヶ月間休んだ妻。それを見習い、会社でも3週間のペット休暇を認めたとか。ちょっと寛大すぎ(?)とも思えるこの育休期間に対してGregさんは、「結果的には仕事に対して誠実で熱心になってくれる」、との意に介していない様子。「The Bark」で紹介されていました。

さすがは動物愛護大国
いつか、世界基準に?

この育休、企業によって考え方も支給日数もまちまちですが、さすがは「動物愛護の先進国」とも言えるユニークな制度ですよね。いつか、グローバル・スタンダードとなる日は来るのでしょうか?

Reference:Mirror, The Bark
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
「Talent Smart」社の共同創設者、トラヴィス・ブラッドベリー博士は「ネットフリックス」社の文化を分析しています。同社は、社員が好きなだけ休暇をと...
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
2016年1月9日に、米国企業「Basecamp」社のジェイソン・フリードCEOが、ブログで同社スタッフの福利厚生をズラッと紹介したのですが…ま〜羨ましい...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
私たち人間にとって、愛着が湧くのは自然なこと。愛する人は自分の一部であり、人生を過ごすうえでとても大切な存在になった誰か、もしくは、何かがいなくなってしま...