今さら聞けない「ペットナット」ってなんだ?

ここ数年、「オーガニックワイン」や「ビオワイン」「ヴァンナチュール」といった言葉を耳にする機会が増えてきました。化学肥料を使用しない、減農薬にこだわる、自然に配慮した農法で造られたワインたち。

こうした自然派ワインを好む人たちのあいだで注目されている、微発泡ワイン「ペットナット」を知っていますか?

「泡(スパークリング)ならどれも一緒」なんて思ったら大間違い。2021年、ペットナットがもっと身近になるよう、この記事でおさらいしていきましょう!

ペットナットとは…?

ペットナット「peter&paul」
©2020 NEW STANDARD

ペットナットとは、フランス語の「Petillant Naturel(ペティアン・ナチュレル)」の略称で、自然派微発泡ワインを指します。大別すればスパークリングの一種。では、一般的なスパークリングワインとの違いはどこにあるのか?

ストレスを感じさせない、自然に近い製法

スパークリングワインの製造方法には、いくつか種類があります。

フランスの「シャンパーニュ」をはじめ、イタリアの「フランチャコルタ」、スペインの「カヴァ」のような瓶内二次発酵法がそのひとつ。これらは、シャンパーニュ製法、あるいは伝統製法と呼ばれるもので、通常の製法で仕込んだワインをボトリングしたあと、酵母と糖分を加えることで、ボトル内で2度目のアルコール発酵を促す製法です。

これに対してペットナットの場合は、二次発酵をおこないません。発酵の途中でボトルへと移し、瓶内で完全発酵させて造ります。

また、糖度や味わいを調整するためリキュールで補う「ドサージュ」もおこなわず、スパークリングワインにできる酵母などの澱(おり)を取り除く「殿引き」もしません。極めてナチュラルな製法で仕上げる。それが“自然派”の所以です。

ペットナットのはじまり

ペットナットは、1990年代フランス・ロワール地方から始まったといわれています。最初に「ペティアン・ナチュレル」と称したのが、ロワールを代表する自然派ワインの醸造家、クリスチャン・ショサール(2012年没)。ワインの質やテロワールにこだわりつつも化学的な合成肥料、農薬、除草剤を一切使わないビオディナミ製法を早くから取り入れ、「よりナチュラルに」をモットーとした造り手です。

クラフトビールと同じように、「その場所から生まれた味」「その土地でないと味わえない」といったプレミア感を醸成し、自然派ワインのブレイクも相まり、欧米を中心に人気が一気に高まっていきました。

多様な味わいを生み出す
「造り手の個性」に着目

ペットナットを表現するには「個性豊か」というワードがしっくりきます。

赤、白、オレンジ、ロゼと、液色もぶどう品種もじつにさまざま。前述の通り発酵を瓶内で終わらせるため、澱(おり)による濁りがあるものや、味わいも辛口があれば、甘口のものも。どれだけ糖度を残すかは造り手の考え方次第。ゆえに、味も個性もそれぞれ

ともすると自由奔放なこの個性こそ、ペットナット最大の魅力ともいえるでしょう。とはいえ、「自然派だから」とエクスキューズが多いようでは、味の構成も崩れてしまいますよね。全般的にガス圧は低くフレッシュで、ほのかに甘いものが多い印象ですが、造り手の個性を味わう。そこにペットナットの楽しみを見出してみてください。

ペットナットは“王冠”に注目!

ペットナット王冠
©2020 NEW STANDARD

ペットナットといえば、王冠で栓をしているものが多くみられるのも特徴です。王冠で栓をすることで炭酸を閉じ込める点は、まさにビールのそれ。ガス圧が低く、弱発泡であることにも由来しています。

ちなみに、シャンパーニュのガス圧はおよそ5〜6気圧。一般的なスパークリングワインで3気圧ほど。これに対しペットナットは1〜3気圧ほど

エチケットもかわいい!

ペットナットエチケット
©2020 NEW STANDARD

自然派ワインにもいえることですが、ペットナットもエチケットのデザインがじつに多彩。空になったボトルをとっておきたくなるような、秀逸デザインなブランドがたくさん。はじめての1本に迷うようなときは、思いきって“ジャケ買い”という手もアリだと思いますよ。

「自然派ワイン」を扱う
ワイン専門店での購入がおすすめ

一般的なワインショップではあまりみかけないペットナットを購入するなら、自然派ワインを多く取り扱うショップを訪れてみてください。もちろん、通販サイトでも購入できますが、温度管理がしっかりした専門店がオススメです。

カジュアルなワインなので、料理もカジュアルに合わせるのがいちばん。揚げ物やバーガーなどと合わせてもOK。泡好きはもちろん、ナチュラルワインの入り口としてペットナットを試してみてはいかがですか?

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
ペットのバンダナとお揃いのマスクがかわいい。マスクを生活をもっと楽しもう!
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」