クラファンで爆発的人気!信州りんご農家の自家醸造「シードル」

長野県松川町で約70年以上続く観光果樹園「フルーツガーデン北沢」。同園が「自家醸造シードル」のブランド立ち上げに向けて応援購入サイト「Makuake」ではじめたクラウドファンディングが、約2日という超ハイスピードで目標金額に到達した。

グルテンフリー、低アルコール、プリン体もほぼゼロ、さっぱりした味わいでどんな料理にも合わせやすい。そんな気軽さからシードルの需要が拡大している点に製造元は注目。

就農者の高齢化で衰退傾向にある地域を盛り上げ、持続可能な果樹園地帯を作るため、今回のプロジェクトがはじまった。

「MARUKAME CIDER」というネーミングで、甘口と辛口の2種。それぞれ「ふじ」「王林」「ピンクレディ」「はるか」「グラニースミス」の5品種を使用し、高品質なスパークリングワインで採用される「瓶内二次発酵」という手間暇かかる伝統的な方法で醸造する。

正式発売は今夏を予定。クラウドファンディングでは「Makuake」限定パッケージでの先行販売という形式でサポーターを募集中。目標金額に達しているが、4月10日まで購入が可能だ。

南アルプスの山々に囲まれた美しい環境で、手塩にかけて育てられたりんごの発泡酒……想像しただけで、もうおいしい。

©マルカメ醸造所

【プロジェクトページ】

https://www.makuake.com/project/fgkita

Top image: © マルカメ醸造所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
自然派ワインを好む人たちのあいだで注目されている、微発泡ワイン「ペットナット」について。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...