冷蔵庫で1年間保存OKな新種のリンゴ「Cosmic Crisp」

ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」が注目を集めている。そのワケは、常識を覆す保存期間の長さにある。

なんとこのリンゴは冷蔵で1年間も保存できるのだ。ワシントン州立大学で開発を主導したKate Evans氏とBruce Barritt氏は、10〜12ヵ月は余裕で新鮮さと味を保つことができるという。つまり、ただ保存期間が長いだけでなく“味落ち”もしないということ。

価格は1ポンド(454g)あたり約5ドル。日本で売られている一般的なリンゴの重量が約300gなので、1個あたりは3.3ドル(日本円で約350円)と少々お高め。しかし、支持者に「リンゴの聖杯(理想)」と評されるその実力は確かなものだろう。

Cosmic Crispはリンゴのニュースタンダードとなるのか?今後に期待!

Top image: © iStock.com/Lyudinka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
ブルネイの熱帯雨林で発見された新種の貝が、スウェーデンの環境活動家「グレタ・トゥンベリ」氏にちなんで命名される。
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
青森のりんごだけを使い、りんごの品種ごとの味わいが楽しめるジュース「青森りんごシリーズ」。これだけに特化した、その名も「りんご自販機」がJR東京駅、上野駅...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...