冷蔵庫で1年間保存OKな新種のリンゴ「Cosmic Crisp」

ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」が注目を集めている。そのワケは、常識を覆す保存期間の長さにある。

なんとこのリンゴは冷蔵で1年間も保存できるのだ。ワシントン州立大学で開発を主導したKate Evans氏とBruce Barritt氏は、10〜12ヵ月は余裕で新鮮さと味を保つことができるという。つまり、ただ保存期間が長いだけでなく“味落ち”もしないということ。

価格は1ポンド(454g)あたり約5ドル。日本で売られている一般的なリンゴの重量が約300gなので、1個あたりは3.3ドル(日本円で約350円)と少々お高め。しかし、支持者に「リンゴの聖杯(理想)」と評されるその実力は確かなものだろう。

Cosmic Crispはリンゴのニュースタンダードとなるのか?今後に期待!

Top image: © iStock.com/Lyudinka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
ブルネイの熱帯雨林で発見された新種の貝が、スウェーデンの環境活動家「グレタ・トゥンベリ」氏にちなんで命名される。
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
今年に入ってオープンした2つのグランピング施設と、来月オープン予定の1施設を紹介。特に関西方面に注目施設が多い!
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
全身が毛むくじゃらのこの生き物。なにやら不思議な形のスーツケースを所持し、都内を逃げ回っているのだとか。名前はオドナロデュード。アメリカのオレゴン州ポート...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...