コンビニ食材でつくるアメリカ版りんご飴「キャラメルアップル」

リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。

インパクト大の見た目とは裏腹に、フレッシュなリンゴのシャキシャキ感とキャラメルのもったり感が意外にも好相性なんですよ。

手間をかけずに
お店に並ぶレベルの
絶品スイーツ

まずは小鍋にキャラメル60gと牛乳大さじ4を入れて、中火で熱していきます。キャラメルが溶けたら、クッキングシートの上に置いたリンゴをコーティング。お好みのトッピングを施したら、あとは冷蔵庫に入れるだけ。キャラメルが固まったら完成です。

今回はひまわりの種とグラノーラで、ヘルシーに仕上げましたが、チョコレートやクッキーを砕いて、とことんジャンク感を楽しむのもアリ。だってこれ、アメリカ版「りんご飴」みたいなものですから。

キャラメルの甘みとりんごの酸味が絶妙。コンビニで買える材料だけでこの仕上がり。友人宅での家飲みのとき、手土産に自家製キャラメルアップルなんていかがでしょう?

ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。では、もしあの生キ...
さいの目にカットされたそれぞれの食材。これなんだかわかる?
おもにキャッサバというお芋のでんぷんからつくられるタピオカは、デザートとしてすっかり定着しています。欧米でもそれは同じで、アメリカのスーパーに行くと「タピ...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
創業以来のロングセラー、生きた乳酸菌の入った「フローズンヨーグルト」。安定剤不使用120kcal。