【マジかよ】コンデンスミルクを温めると、「生キャラメル」になると判明

花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。
では、もしあの生キャラメルが、自宅で簡単に作れてしまうとしたら…?今回は“そのまさか”をご紹介しましょう!

えっ、それだけ…?
作り方は超シンプルだった

実は、市販のコンデンスミルク缶を、鍋でグツグツ煮込むだけ!お湯の量は缶がちょうど隠れるくらいで、蓋は開封しなくてOKです。2時間程度だと“キャラメル感”があまり出ないらしく、3時間半くらい弱火で煮込んだものが上の写真なんだそう。

食感は、内側は生キャラメルクリーム、外側は生キャラメルというイメージ。煮込めば煮込むほど全体が固まり、味は濃厚になるかも!?

ただし、熱いまま蓋を開けると中身が吹き出るので要注意。絶対に冷めてから開封するようにしてください。くれぐれも怪我や火傷に気をつけつつ、早速、自家製生キャラメルを作ってみましょう♪

Licensed material used with permission by まりもねこ

去年の夏、「Hershey's(ハーシー)」がミルクチョコレート味のホイップクリームを販売し始めた。フードインスタグラマーCandyHuntingの投稿に...
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
人気の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が年末・年始限定のドーナツを販売する 。「映える」こと確実の3種と人気の一品がセットになったパックも同時リリース。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
iHerb(アイハーブ)おすすめの「クッキー」を3つ紹介。一押しは塩キャラメル味のクッキー。グルテンフリーとヴィーガンもあります。
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
パリ発の総合美容専門店「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pom...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
「食べ物に触れる手だからこそ、安心・安全なハンドクリームを」。そんな想いから本製品は誕生。有機肥料を用い、大切に育てられた宮城県産の”健康的な野菜“を使用...
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
日本初となる生あま酒専門店「AMAZAKE STAND」が、昨年末の大晦日に鎌倉にオープン。あま酒を現代風にアレンジし「次世代のリカバリードリンク」として...