いま、“もっともいい香り”のハンドクリームだ!

「こいつは家に置きたい!」

そう思って何年経ったか。「Dr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)」のディフューザーのハナシです。「ROSSO NOBILE」という赤ワインをモチーフにした香りがマイベスト。

でも、もっとも小さい250mlで1万円(税別)というプライスは、なかなかに贅沢。さすがはフィレンツェ発ブランドの最高級コレクション。おいそれと手が出せるもんじゃあない。

……と思っていたら、いつの間にかハンドクリームが発売されてた!

© 2020 NEW STANDARD

調べてみたら、ちょうど1年前に出てたみたい。

知らなかった。かなりの品薄状態だとか。そりゃそうだ。あの忘れがたいラグジュアルな香りを3080円(税込)で楽しめるなんて!

すぐに馴染んで表面はさらっとするけど、奥のほうはしっとりしてる感覚。塗りたてこそ香りが広がるものの、ふわ〜っとでキツいわけじゃないから、周りから嫌がられることもないんじゃないかと。

香りに好き嫌いがあるのは承知ですが、少なくとも僕にとっては“いま、もっともいい香りのハンドクリーム”です。小ぶりなサイズ感も品があるし。

バーニーズ ニューヨークやトゥモローランドなどで取り扱ってます。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
こだわる男のハンドクリームまとめ
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
パリ発の総合美容専門店「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pom...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...