結局、トイレの「ハンドドライヤー」と「紙」環境にいいのはどっち?

質問:
トイレに入って手を洗った後
あなたの選択はどっち?

ハンドドライヤーで乾かす
ペーパータオルで拭く

正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に考えて実際、どちらの方が環境に優しいんでしょう?

ジャーナルサイト「The Conversation」にオーストラリア・メルボルン大学のSimon Lockrey研究員がこんな記事を寄稿しました。ついに科学的観点から、その答えが導き出されたと。

ついに決着。
ハンドドライヤー
VS ペーパータオル

W

洗った手を乾かすには、ハンドドライヤーとペーパータオルどちらを使うべきなのか?これは、ある人にとっては衛生面に、またある人にとっては性能面で選択が分かれるかもしれません。ですがどちらを選ぶにせよ、すべての人にとって環境への問題も考慮すべきポイントです。言うまでもなく、我々の選択肢は少しでも環境に優しいものであるべきなのだから。

結局どっちがエコなの?

では、最も効果的なのはどちらなのか?
工業製品やサービスのライフサイクルが環境に与える影響を特定する「ライフサイクル分析」という研究があります。この分析方法は、材料、製造、輸送、使用、廃棄を複合的に捉え、その製品の最も大きな影響を与える重要な部分を算出していきます。今回の研究もこのライフサイクルを分析することで、答えを導き出していきました。

ライフサイクル研究では、一貫して私たちが手を乾かすために使用する電力と、ペーパータオルを使用することによる環境への影響を比較してきました。ハンドドライヤーの製造段階から、ペーパータオルの処分プロセスまで、すべて含みます。どちらを選ぶにせよ、資源となる電力や紙を消費していることには変わりません。環境に与える影響は、エネルギー消費の質と量にも大きく関わってくるのです。

結論:
環境に◎はハンドドライヤー
「蒸発させる」から
「風圧で吹き飛ばす」へ

_53791087

ところが、あなたもすでにお気づきのように、近年おしゃれで高性能なハンドドライヤーがトイレに登場しています。従来のタイプは手から水分を「蒸発させる」ため、ヒーター機能がついたものが一般的でした。ところが、現在の主流は水分を「吹き飛ばす」こと。つまりは熱せられていない空気を急速に流して、指先から水分を除去しようというものです。

2011年に発表された、マサチューセッツ工科大学(MIT)によるライフサイクル分析から結論づけられたこの回答は、高速ハンドドライヤーと従来のハンドドライヤー、さらにペーパータオルの3つで比較しました。

ハンドドライヤー製品の大手「XLERATOR」や「dyson」が開発した高速ハンドドライヤーは、従来のものに比べ省電力省エネルギーを実現し、圧倒的に性能が向上していることが分かりました。たとえば、乾燥時間を比較すると、従来のものは乾燥に約20〜40秒を要していたところ、約12〜20秒で実現、消費電力も2.4キロワットから1.5キロワット程度にまで抑えることができています。もちろん、最新式のものはさらなる省エネを実現していることでしょう。

研究者はさらに、ドライヤーのための電気の生成および使用、また紙の生産、製造、廃棄に伴う影響も比較しました。すると、やはり高速ハンドドライヤーが最も優れた数値を示しました。この結果は、製造および廃棄の両方において、手の乾燥に2枚以下のペーパータオルを使う、また100%再生紙で作られたペーパータオルを使う場合でも同じ結果に。
つまり、従来型のドライヤーのように熱して乾燥させることから、勢いで水滴を吹き飛ばすドライヤーの仕様に変えたことが、著しく環境負荷を低減している結果につながったと言えるでしょう。

環境意識の高い人は
すでに「マイタオル」持参!

H

どちらを選ぶとしても、必ず何かしらの問題は出てくると思います。ですが私たちは、従来の製品を超える高速のハンドドライヤー、または環境に優しいペーパータオルを使用する必要があります。

高速ハンドドライヤーを使用することで、電力消費、二酸化炭素排出量を少なくすることができました。これは環境面において、ペーパータオルを使用するよりも大きな利点をもたらす可能性があります。しかし、このトレンドも将来的に変わっていく可能性もあります。たとえば、ハンカチやタオルを携帯し、電力も余分な紙も使わないようにする。すでに、ソーシャルマーケティングでは、ハンカチやタオルを携行することが、新しい高速ハンドドライヤーの利点を上回る可能性を示唆しています。

単なるトイレで手を洗った後の話。ですが、大切なことはすべてのライフサイクルを考慮し、広い文脈で環境について考えることです。もしかしたら、私たちはまだ、手を乾かすことに関してあまり大きな問題意識を感じていないかもしれません。けれど、大きな問題の元をたどれば、ハンドドライヤーかペーパータオルか。この選択は決して小さなアクションではないのです。

Licensed material used with permission by The Conversation

クラウドファンディングのMakuakeで支援募集中の「シュードライヤー」を紹介します。プロジェクト開始一週間で500%を超える達成率で話題です。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
パリ発の総合美容専門店「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pom...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
再ブーム到来?の「HandClap(ハンドクラップ)」。今回はハンドクラップダンスの魅力やおすすめ動画を紹介します。
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
プラスチックを一切使っていない妊娠検査薬「Lia」。生物分解されるので、地球に悪影響を与えないエコ製品です。その性質はトイレットペーパーとほぼ同じ。だから...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「NEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤード  レメディーズ)」から、エタノールの代わりに手指の消毒に使用することができるハンドスプレー「ハ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
環境負荷を低減するパッケージに注目が集まるなか、「凸版印刷」が新機能パッケージ「チューブな紙パウチ」を開発。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ワークデスク上や洗面所に置いてもいいし、旅行やアウトドアに持っていっても便利。折りたたみ式なのでかさばらず、ステンレス製なので割れる心配もないハンドミラーです。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。