世界初。ポイ捨てすればするほど自然が喜ぶ「紙」

森林伐採による植物の減少で、ハチが絶滅する可能性が高まっているといわれています。なかには限られたミツを探す途中で、息絶えてしまうハチもいるのだとか。

そんなハチのエネルギー切れを防ぐべく、休憩スポットとして活躍する「紙」が開発されました。主に2つの工夫がなされているそうです。

01.
紙の素材は
「魅惑のエナジードリンク」

紙の主な成分は、エネルギー代謝に欠かせない「ぶどう糖」。

これを水に溶かしたペーストは、エナジードリンクのように簡単にスタミナを補給できて、ハチに活力を与えるそうです。

02.
ポイ捨てしても
土に還り花となる

「Bee Saving Paper」は、ハチのエネルギー源になるだけではありません。

紙にはハゼリソウという花の種が練り込まれているため、ハチが食べきらずに余っても土に還って、新たな命が芽生えます。

たとえ「Bee Saving Paper」をポイ捨てしたとしても、自然への大きなデメリットはありません。ちなみに、この紙のWEBサイトには「自然があなたに捨てて欲しい世界初の紙かもしれません」とも書かれています。

現在はこの活動をさらに世界に広めるために、「Bee Saving Paper」を使ったさまざまなプロダクト化を検討中。

すでに100以上の会社から問い合わせがきており、サンフランシスコやベルギー、フランスのエコブランドとのコラボ計画も進んでいるそうです。

Licensed material used with permission by Bee Saving Paper
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
「ニューバランス」から、環境に優しいサステイナブルな女性向けのコレクション「UN-DYED PACK」が登場。8月14日より販売が開始される。
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは授業中に紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
9月14日、渋谷の雑居ビルのどこかに、〆パフェとカクテルを味わえる大人のパフェバー「Remake easy(リメークイージー)」がオープンする。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第一弾は富山・高岡鋳物の真鍮製「雪だるま風鈴」。ガラスのものとも違う、陶器のものとも違う、そ...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
「Beeflow」というアルゼンチンのスタートアップは、ハチの動きを活性化させようとしている。
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...