「アップサイクル」の意味と注目のブランドまとめ

年々深刻化する環境問題。今年6月、日本政府によって出された「環境白書」では、地球温暖化の進行により今後豪雨災害や猛暑のリスクがさらに高まると予測され、将来世代にわたる影響が強く懸念されると、公に警鐘がならされています。

この現状を解決するために、世界の国々は「サーキュラー・エコノミー」を目指そうと取り組みを進めています。そんななか、自治体や企業、ブランドが取り入れているのがリサイクルに付加価値をつけた「アップサイクル」というアイデア。

ここではアップサイクルとはなにか、事例やアップサイクルを推進する企業、ブランドを紹介していきます。

アップサイクルとは?

©Igisheva Maria/Shutterstock.com

アップサイクルについて、社団法人日本アップサイクル協会によると以下のように定義されています。

アップサイクル(Upcycle)とは、リサイクルやリユースとは異なり、もともとの形状や特徴などを活かしつつ、古くなったもの不要だと思うものを捨てずに新しいアイディアを加えることで別のモノに生まれ変わらせる、所謂”ゴミを宝物に換える”サスティナブルな考え方。

つまり、"ゴミ"とされていたものを粉々に壊して全く別のものとして再度利用するのではなく、その製品の良さを活かしてより良いものに生まれ変わらせるというのがアップサイクルなのです。

リサイクル品として回収したものを一旦粉々にして別のものに生まれ変わらせるリサイクルは、その過程で燃料など別の資源が必要になるため、環境負荷が大きいことが問題に。

ペットボトル1本をリサイクルしても1本のペットボトルができるわけではない上に、その過程で燃料も使うため、捨てるよりはいいものの、マイナス要素があるということなのです。

また、アップサイクルの対義語に「ダウンサイクル」というものがあります。ダウンサイクルとは名前に「ダウン(down)」とあるように、リサイクル過程で素材の良さが損なわれることを意味します。

アップサイクルとリサイクルの違いは?

リサイクルとは、主に資源を回収して、それを粉々にしたり、溶かしたりして再利用すること。その再利用の過程には燃料などの資源が使われます。

一方、アップサイクルは元の素材の魅力を活かして、リサイクルしたものに付加価値をつけます。例えば、捨てられる予定だった古生地を使って、おしゃれな雑貨屋服を作るのもアップサイクルの1つ。

つまり、アップサイクルではその価値はアップグレードされますが、リサイクルでは元の素材以上の魅力を引き出すことは難しく、そのリサイクル過程に使われる燃料などを含めて考えても、その価値や魅力は横ばい、もしくはダウングレードしてしまう可能性があるのです。

アップサイクルの事例紹介

では実際に、どんな“ゴミ”がどんな素敵なモノに生まれ変わってアップサイクルされているのでしょうか。3つ事例を挙げてご紹介します。

「アーバンリサーチ」のアップサイクルハンガー

「アーバンリサーチ」は、使われなくなった木製ハンガーに、アップサイクルするプロジェクト「Re:hanger」を販売しました。

使われなくなったハンガーを職人の手によって削り加工を施し、木材ならではの魅力を存分に引き出した商品です。一つ一つ違った温かみがあるため、他とかぶらないというのも嬉しいポイントでした。

「Gumshoe」のガムでできたアップサイクルスニーカー

「Gumshoe」は吐き捨てられたガムを使って、スニーカーを製造するプロジェクトを実施しました。「Gumshoe」の本拠地アムステルダムでは、道端のガムや電柱に貼り付けられるガムが深刻な問題となっているそう。なんと毎年約150万キロのガムが捨てられているとか。そんな社会問題を喚起すべく始まったのがこのプロジェクトです。実際にガムが使われているのはソールの部分だけですが、アップサイクルと社会問題の喚起の両立を実現した事例です。

「PET Lamp project」のアップサイクルランプ

このプロジェクトは、デザイナーのAlvaro Catalán de Ocónさんを中心におこなわれている、ペットボトルをランプなどの家具にアップサイクルする活動です。彼らは地域色あふれる家具の政策を目指しており、オーストラリア原住民の知恵なども取り入れながら制作活動を進めています。

▼参考記事はこちら▼

アップサイクルを推進するブランド

世界を見渡してみると、アップサイクルに着目し取り組みを進めている企業やブランドは多くあります。ここでは、積極的にアップサイクルを用いて製品を作っているブランド4つをご紹介します。

パタゴニア

環境問題に取り組む企業としてまず思い浮かぶのがパタゴニアではないでしょうか?そんなパタゴニアももちろんアップサイクルプロジェクトをおこなっています。それが「ReCrafted」です。回収した古着から、生地を切り出し新しい製品を作り、世界に1つだけの形で販売しています。

mimycri

ドイツのスタートアップ「mimycri」はアップサイクルによって生産されたバッグを販売しています。このバックの前世はなんと、地中海を渡ったであろう「難民が乗っていたボート」。そのボートがたどってきた歴史まで想像してしまう、見た目だけでなく思いまで詰まった素敵な商品を販売するブランドです。

3sun

岡山県を拠点にアップサイクルな製品つくりをするブランド「3sun」。衣服の製造過程で要らなくなった布を使ってエプロンやパッチワークなどを制作して販売しています。中にはコーヒーで染められた商品もあり、抗菌・防臭効果が期待できるそうです。同社の別ラインブランド「BAILER」で製造されている布製のバケツも人気を集めているようです。

FREITAG

アップサイクルのパイオニアともいえるブランド「FREITAG」はスイス発の会社。スイスの国民性でもある“あるものを大事にする”、“最大限に活用する”を大切に、アップサイクルでバッグを作るブランドです。彼らのバッグは、トラックの幌を使って作られており、通常のバッグよりもコストも時間もかかります。それでも、地球に優しくという思いを強く持ち活動しているブランドです。

まとめ

一度アップサイクルを意識して生活してみると、多くの企業やブランドでアップサイクルが取り入れられていることに気付きます。これからは、モノやサービスを選ぶ際に、「アップサイクル」という視点を持って判断してみるのもいいかもしれませんね。

Top image: © iStock.com/Rawpixel
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
2009年に誕生したリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみを使用したアパレルブランド「エコアルフ」。2020年3月に渋谷区神宮前に1号店をオープン。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
スイスのブランド「On」が先週12日(木)から、人工的な染色を行わない水質汚染に配慮したサステナブルシューズ「Cloudrock Edge Raw 」を発売中。
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...