吐き捨てられた「ガム」でできたスニーカー

Gumshoe」というスニーカーを知るまでは、正直なところ、道端のガムなんて気にしたことがなかった。だけど、注意深く東京の街を見てみると、いたるところにガムが吐き捨てられている。電柱や壁にはりつけられている場合だってある。

東京だけでなく、アムステルダムも同じ状況に頭を抱えているらしい。いわく、毎年約150万キロのチューインガムが捨てられ、タバコの吸い殻に次いで2番目に多く道端に放置されているようだ。

この数字を明らかにした「Gumshoe」のプロジェクトチームは、多くの人に注意を喚起する方法を考えた結果、ポイ捨てされたガムでスニーカーを製造するアプローチを思いついた。

ポイ捨てされたモノが
地球を綺麗にする「きっかけ」に

6042481779015680

実際にガムがアップサイクルされているのはソール部分とのこと。それ以外は革で作られている。もちろん粘着性はない。値段は約26,000円(199.95ユーロ)で売り出される。

このプロジェクト自体が既存のルールにとらわれないアムステルダムらしいのだが、デザイナーAnna Bullusさんの言葉はその“らしさ”をより印象深くする。ちなみに、彼女は「Gumshoe」の製造に協力した「Gum-Tec」で働いている。

「捨てられているモノだとしても、異なる視点を持てば、イノベーティブな解決ができる材料になるわ。地球を綺麗にできるようなね」

Licensed material used with permission by Gumshoe
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
<SPALWART> <NOVESTA> <ZDA>あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。い...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...