吐き捨てられた「ガム」でできたスニーカー

Gumshoe」というスニーカーを知るまでは、正直なところ、道端のガムなんて気にしたことがなかった。だけど、注意深く東京の街を見てみると、いたるところにガムが吐き捨てられている。電柱や壁にはりつけられている場合だってある。

東京だけでなく、アムステルダムも同じ状況に頭を抱えているらしい。いわく、毎年約150万キロのチューインガムが捨てられ、タバコの吸い殻に次いで2番目に多く道端に放置されているようだ。

この数字を明らかにした「Gumshoe」のプロジェクトチームは、多くの人に注意を喚起する方法を考えた結果、ポイ捨てされたガムでスニーカーを製造するアプローチを思いついた。

ポイ捨てされたモノが
地球を綺麗にする「きっかけ」に

実際にガムがアップサイクルされているのはソール部分とのこと。それ以外は革で作られている。もちろん粘着性はない。値段は約26,000円(199.95ユーロ)で売り出される。

このプロジェクト自体が既存のルールにとらわれないアムステルダムらしいのだが、デザイナーAnna Bullusさんの言葉はその“らしさ”をより印象深くする。ちなみに、彼女は「Gumshoe」の製造に協力した「Gum-Tec」で働いている。

「捨てられているモノだとしても、異なる視点を持てば、イノベーティブな解決ができる材料になるわ。地球を綺麗にできるようなね」

Licensed material used with permission by Gumshoe

関連する記事

オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
米「HYPELEV」社がスニーカーを空中に浮遊させて飾れるデバイス「Levitation Display Stand」を販売中。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
スニーカーヘッズたちを長年悩ませ続けてきた偽物スニーカー問題を、ついに解決してくれるかもしれないアプリが登場。「CheckCheck」で靴の情報やタグの写...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。