吐き捨てられた「ガム」でできたスニーカー

Gumshoe」というスニーカーを知るまでは、正直なところ、道端のガムなんて気にしたことがなかった。だけど、注意深く東京の街を見てみると、いたるところにガムが吐き捨てられている。電柱や壁にはりつけられている場合だってある。

東京だけでなく、アムステルダムも同じ状況に頭を抱えているらしい。いわく、毎年約150万キロのチューインガムが捨てられ、タバコの吸い殻に次いで2番目に多く道端に放置されているようだ。

この数字を明らかにした「Gumshoe」のプロジェクトチームは、多くの人に注意を喚起する方法を考えた結果、ポイ捨てされたガムでスニーカーを製造するアプローチを思いついた。

ポイ捨てされたモノが
地球を綺麗にする「きっかけ」に

実際にガムがアップサイクルされているのはソール部分とのこと。それ以外は革で作られている。もちろん粘着性はない。値段は約26,000円(199.95ユーロ)で売り出される。

このプロジェクト自体が既存のルールにとらわれないアムステルダムらしいのだが、デザイナーAnna Bullusさんの言葉はその“らしさ”をより印象深くする。ちなみに、彼女は「Gumshoe」の製造に協力した「Gum-Tec」で働いている。

「捨てられているモノだとしても、異なる視点を持てば、イノベーティブな解決ができる材料になるわ。地球を綺麗にできるようなね」

Licensed material used with permission by Gumshoe
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
米「HYPELEV」社がスニーカーを空中に浮遊させて飾れるデバイス「Levitation Display Stand」を販売中。
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
上海開催時、全チケットが36秒で完売したという世界最大のスニーカーイベント「スニーカー・コン」が11月23・24日に「インテックス大阪 2号館」で開催。レ...
10月初旬、アメリカのファッションブランド「MSCHF」が、ナイキの名作「AirMax97」をカスタマイズしたスニーカーをリリース。その名も「ジーザス・ス...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
2019年12月20日のイギリス時間 00:00(日本時間 9:00)に、本格派ストリートスニーカーブランド「CLEMENS(クレメンス)」が誕生する。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...