この夏、洒落るなら「雪駄×スニーカー」

ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。

ルックスの特徴は、Nikeのエアマックスのようなクッションが取り入れられていることでしょう。歩き心地を追求するだけでなく、履き心地にもこだわりがあります。インソールにあたる部分は低反発クッションに。この掛け合わせのおかげで、「フワフワした感覚」を実現。

今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金調達をしていますが、プロジェクトに成功したら片足だけで売り出す予定もあるそうです。

というのも、もともと雪駄には左右という概念がないから。私たちには歩き方の癖があり、ソールがすり減る部分は一人ひとり異なります。なので、寿命を伸ばすために、定期的に左右を入れ替えて履けるようにしているのです。

そして、どうしても修復ができない状態になったら、片足だけを購入するのが昔からの慣習。

雪駄のDNAを受け継ぐ「雲駄-unda-」もまた、左右対称。だから、少しでも長く履いてもらうために片足だけの販売を検討中なのです。

こうした語れるストーリーもあるのですが、洋服に合わせても、しっくりとくるのがイイ!

支援はコチラから。

©2019 goyemon
©2019 goyemon
Top image: © 2019 goyemon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

雪駄×スニーカー「unda」が2021年春夏シーズンのデザインをコンペティション形式にて決定する。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
日本の伝統技術とハイテク技術が融合した一足「unda-雲駄-」に「EDIFICE」が別注をかけた!
「ミズノ」が「大和工房」の共同開発により、カーボン繊維強化プラスチックを採用した、次世代の雪駄「SETTA C/6」をローンチ。クールでスタイリッシュなデ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
米「HYPELEV」社がスニーカーを空中に浮遊させて飾れるデバイス「Levitation Display Stand」を販売中。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のスニーカー「EUYEN」。紐なしのニットアッパーとアーシーな色合いがどんなコーディネートにもハマるこの一足は、...
現代の生活にフィットした、伝統を身近に感じられる商品を取り扱うブランド「goyemon(ごゑもん)」の初となる直営店が先週7月18日(土)にオープン。
スニーカーヘッズたちを長年悩ませ続けてきた偽物スニーカー問題を、ついに解決してくれるかもしれないアプリが登場。「CheckCheck」で靴の情報やタグの写...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
上海開催時、全チケットが36秒で完売したという世界最大のスニーカーイベント「スニーカー・コン」が11月23・24日に「インテックス大阪 2号館」で開催。レ...
10月初旬、アメリカのファッションブランド「MSCHF」が、ナイキの名作「AirMax97」をカスタマイズしたスニーカーをリリース。その名も「ジーザス・ス...
「Timberland(ティンバーランド)」から、ブランド初となるサステイナブルなエコスニーカー「マドバリー」が新登場。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...