雪駄×スニーカー「unda」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場

近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。2月26日に販売を開始した。

この度のアップデート……それは軽量化だ。

最大の特徴であるエアユニットと雪駄が組み合わさったビジュアルはそのままに、アウトソールの素材・構造を根本から見直し再構築することで約25%の軽量化に成功。従来モデルに比べ、より雲の上を歩くような軽い履き心地を実現している。

©goyemon(ごゑもん)
©goyemon(ごゑもん)

さらに、「Black」「White」「Sumi」の定番モデル3色に加え、新色も同時リリース。

待望のオールホワイト「Shiro」は、撥水加工の生地を採用したことで汚れに強く、涼しげな印象。オールホワイトスニーカーライクな使い勝手でどんなファッションにも自然と馴染むデザインになっている。

「Kinari」は、耐摩耗性に優れた生地を天板に、アウトドアグッズでよく用いられるリップストップ生地を鼻緒に採用。もっともアウトドアに適したモデルといえるだろう。

価格帯は1万8150円(税込)〜1万9250円(税込)。購入は公式オンラインストアにて……といいたいところだが、なんと発売日当日に完売という脅威の売れ行き。問い合わせたところ、「次回の入荷は5月下旬予定」との情報をゲットしたので、気になる人は引き続き要チェックだ。

© goyemon(ごゑもん)
© goyemon(ごゑもん)
©goyemon(ごゑもん)
Top image: © goyemon(ごゑもん)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事