「参加費3,000円のゴミ拾い」大人気の秘密に迫る

ゴミ拾いイベントは、特定の個人が持つ自然への「愛」で成り立っている。

ほとんどの人に同じような感情があるかというと、誤解を恐れずに言えば、うっすらとしかないのが正直なところだろう。

だけど、環境問題は人類が真剣に向き合わなければいけないトピックだと捉え、たくさんの人を巻き込むプロジェクトを考案したのが「Plastic Whale」。アムステルダムを拠点にする企業だ。

彼らが開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、ボランティアでも人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多くの人は約3,000円の参加費用を払っている。

この成功の秘訣に迫ってみたい。

水の都を体感できる「ゴミ拾い」

ミレニアル世代から絶大な支持を集めるアムステルダム。コーヒーやマリファナなどの人気の理由はいくつかあるが、その1つにあげられるのが街の景観。

Plastic Whale」が目をつけたのは運河めぐりだった。

イベントの主な目的はあくまでも網を使ったゴミ拾い。考え方によっては、2時間も水路から街並みを眺めることができる。軽い食事やドリンクも付いている。つまり、観光をしながら社会貢献ができるシステムを築いたのだ。

さらに、ツアーに参加した人から集めた資金は、水路で拾われたゴミからなるボートの製造費にあてられる。ペットボトルのアップサイクルにも使われる。

私利私欲のためではなく社会のために。アムステルダムは欲望にオープンな街だけど、環境問題に対するアプローチはいつもユニークだ。

Licensed material used with permission by Plastic Whale
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。