「参加費3,000円のゴミ拾い」大人気の秘密に迫る

ゴミ拾いイベントは、特定の個人が持つ自然への「愛」で成り立っている。

ほとんどの人に同じような感情があるかというと、誤解を恐れずに言えば、うっすらとしかないのが正直なところだろう。

だけど、環境問題は人類が真剣に向き合わなければいけないトピックだと捉え、たくさんの人を巻き込むプロジェクトを考案したのが「Plastic Whale」。アムステルダムを拠点にする企業だ。

彼らが開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、ボランティアでも人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多くの人は約3,000円の参加費用を払っている。

この成功の秘訣に迫ってみたい。

水の都を体感できる「ゴミ拾い」

5905298912968704

ミレニアル世代から絶大な支持を集めるアムステルダム。コーヒーやマリファナなどの人気の理由はいくつかあるが、その1つにあげられるのが街の景観。

Plastic Whale」が目をつけたのは運河めぐりだった。

イベントの主な目的はあくまでも網を使ったゴミ拾い。考え方によっては、2時間も水路から街並みを眺めることができる。軽い食事やドリンクも付いている。つまり、観光をしながら社会貢献ができるシステムを築いたのだ。

さらに、ツアーに参加した人から集めた資金は、水路で拾われたゴミからなるボートの製造費にあてられる。ペットボトルのアップサイクルにも使われる。

私利私欲のためではなく社会のために。アムステルダムは欲望にオープンな街だけど、環境問題に対するアプローチはいつもユニークだ。

Licensed material used with permission by Plastic Whale
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。