リサイクル効率UPのため、目をつけたのは「ゴミ袋」

誰かがゴミとして道端に捨てたモノを拾う。ちょっと抵抗ある行為だけど、オランダのアイントホーフェンでは、これを奨励することでリサイクルの効率を上げたようです。そこには、シェアリングエコノミーを先行する、彼らならではのアイデアが大きく影響していました。

あえてゴミを見せることで
他人に拾ってもらう

Waarmakers」というデザインスタジオが開発した「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ袋

リサイクルショップやオークションサイトが普及しつつある世の中でも、未だに使えるモノがゴミとして捨てられているのを目の当たりにして、Simon AkkayaさんとMaarten Heijltjesさんが考案したアイデアなんだそう。

もちろん、これだけではゴミを拾うことに躊躇する人がいるのも事実。だから、彼らはアイントホーフェンの自治体と協力して、住民に「ゴミ袋」と、その使い方と目的を記した「取扱説明書」を配布したようです。

要らなくなったモノを道端に置き、他の人が拾う。リサイクルショップの人が、お店で販売するために回収することもあるそう。そして、誰にも引き取られなかったら、通常のゴミとして都市が収集するという仕組み。

実際に、前述の都市では人形が15%、本は29%などといった具合に、リサイクルの効率が上がっているのだとか。

法律を変えることなく、ゴミ袋のデザインを変えただけで、リサイクルの効率を上げた革新的なアイデア。現在、SimonさんとMaartenさんは、アムステルダムとの協力も進めていて、最終的には国全体にこの取り組みを進めることを目指しているようです。

シェアリングエコノミーの1つの目的でもあるサステイナブル社会の実現。その目標への一助となる彼らの取り組みは、また一歩、他の国や地域と差をつけることになることでしょう。

Licensed material used with permission by Waarmakers

関連する記事

「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...