環境問題に警鐘を鳴らす「ゴミの動物アート」

街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。

よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られているよう。実は材料に使われているのは、古いプラスチックや使われなくなった資材などの廃棄物でした。

インパクトと共に
ゴミ問題への警鐘を鳴らす

「Big Trash Animals」と名付けられたこのアートを手がけているのは、リスボン生まれのアーティストBordalo IIさん。彼は自らを「消費者主義的、物質主義的で貪欲な世代」の一員だと言います。

こんなにもたくさんの廃棄物があることを、多くの人に気付いてほしい。そんな思いで彼は製作を続けています。

ゴミ問題は、そのまま環境問題へと繋がっていきます。埋め立て地不足や大気汚染が、地球という惑星とそこに生きる動物たちに、どれほどの悪影響を及ぼしているか。そんな懸念をひとりでも多くの人に意識してもらうことが狙いです。

Bordalo IIさんの作る動物の瞳は、どれも無垢でまっすぐ。だけど、どこか憂いを帯びたようにも感じます。

動物たちの瞳に見つめられていると思うと、少しでもゴミを減らさねば…と考えさせられます。

Licensed material used with permission by Bordalo II

関連する記事

難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...