東京にいながら、シカゴをお掃除

シカゴのスタートアップ「Urban Rivers」は、都市部を流れる川の水質改善をおこない、野生動物があふれる自然を蘇らせようとしている。

すでに彼らは、クラウドファンディングで寄付を募り、多くの植物を植えられるデッキをシカゴの川に取り付けた。

このアプローチをすると同時に清掃活動をしたとしても、水質改善は十分でないという。なぜなら、朝方にゴミ拾いをしても夕方には違うゴミで川が埋めつくされてしまうのが現状だから。

そこで、「Urban Rivers」はユニークな方法で問題解決をしようとしている。カギになるのは、シカゴに暮らしている人だけでなく、世界中の人々だ。

ロボットを操って
川を綺麗にする

© Urban Rivers

「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントロールできるロボットだ。

つまり、東京からでもシカゴの川を綺麗にできるし、たとえソファに座っていたとしても環境に貢献できる。ちなみに、1人が使う時間に制限をもうけて、ゲーム性を持たせようとしている。

世界中からアクセスできるようにすることで、アメリカでは夜にあたる時間でもロボットを動かせるのもポイント。もちろんライトが付いていれば……の話ではあるが。

ハッキングに対するセキュリティを強化しながら、現在もロボットの開発を続けているようだ。

Top photo: © Urban Rivers
Reference: Urban Rivers

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。