オーストラリアから世界へ。まるまる1ヶ月間「NOプラスチック生活」のムーブメント

現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介します。毎年7月に開催される「Plastic Free July」。

30日間ならいける?
チャレンジ参加歓迎のエコ活動

ペットボトル、レジ袋、ストロー、コーヒーのプラスチックカップ、ありとあらゆる使い捨てプラスチック製品をまるまる1ヶ月絶つ、という運動。2011年オーストラリアで始まり、わずか7年のうちに急速に世界中へと拡大。昨年は100万人以上が1ヶ月間に渡ってプラスチックゴミを出さない生活を体験したそうです。

とはいえ100万人……世界の人口や、すでに海を漂うプラスチックゴミの総量からすれば、ほんの一握りにも満たない数字。これが現実です。

それでも、毎年チャレンジに参加する人は右肩上がりで増加。それもすべて参加者たちが、口伝えに運動を友人からまた友人へと広げていくからなんだとか。つまりは草の根運動なわけです。

「とにかくやってみる」から始まる

キャンペーンを推進する団体のこれがプロモ動画。深刻なはずのプラスチックゴミ問題、それをかなりギャップを覚えるコミカルな演出で伝え、誰でも参加しやすいイメージをつくりだしているようにも。まるで「いいじゃない、途中でギブアップしても」というように。

未来に「何を残すか」を考える1ヶ月

たかだが30日間チャレンジしたところで、自己満足に浸ってハイおしまい──。こう揶揄されたって不思議はありません。でもその輪に加わった人たちは、きっと「残りの11ヶ月をどう過ごすか」の意識が変わったんじゃないか、と思うわけです。

本来ならば今月のはじめに紹介しようと思っていたもの。それが1週間以上経った今このタイミングになってしまったのも、お恥ずかしながら、見渡せばやっぱり自分の身の回りにどれだけプラスチック製品の多いことか。

そう考えると、1ヶ月間って意外にしんどい。だからチャレンジ。20日ならもしかしたら、10日だったいけるはず。“やるやる詐欺”には注意ですけどね。

ちょっとだけ最後に深刻な話を。Plastic Free Julyキャンペーンをオーガナイズする団体は、こう警鐘を鳴らしています。世界経済は21世紀に入りわずか10年で、1900年代に製造したプラスチック製品の総量をすでに超えてしまった、と。 

Licensed material used with permission by Plastic Free July
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。