プラスチックゴミが道路になる技術で、世界規模に躍進する企業

2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックのゴミを再利用してつくったもの。

ことの始まりは、CEOのToby McCartney氏がインドへ行ったときでした。埋立地でゴミ拾いをしながら働く人々の手元を見て、ゴミの多くがプラスチック製品だということに気づいたのだそう。そしてプラスチックゴミを再利用して道路をつくろうと一念発起。アスファルトに利用できる技術を開発したのです。

彼らの技術によりできたアスファルトは、ただ環境に配慮しているだけではなく強度があり長持ちするのだそう。これを証明するように、今やオーストラリアやニュージーランド、トルコなど、海外数ヵ国にも採用されています。

イギリスを訪れる機会がある人は、さりげなく足元の道路に注目してみては?もしかしたらそのアスファルトも……。

© Toby McCartney/Vimeo
Reference: MacRebur
Top image: © iStock.com/Sami Sert
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...