100%海洋ゴミを使用した「ハイテクスニーカー」をadidasが国連で発表!

6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。
じつは、同日開催されていた、気候変動に関するハイレベルイベントのその会場で、新作スニーカーをリリースするのには大きな意味がありました。アディダスは、海洋環境保全に取り組むNPO活動団体「Parley for the Ocean」とのパートナーシップをきっかけに、100%海洋ゴミだけを用いた靴を開発していたからです。

388772

388769

一見、ハイテクスニーカーに思えるこの靴は、プラスチックなどの海洋廃棄物と、違法に仕掛けられた海底の刺し網(仕掛け漁法に使用される漁網)を回収し、100%再利用して製作されたもの。

388774

海洋環境の現状に関する人々の認識を高めるために、クリエイターや思想家、起業家らを結集させた「Parley for the Ocean」。海洋環境の保護・保全を訴えるプロジェクトを立ち上げ、数々のブランドとのコラボレーション企画を展開しています。アディダスはその創設メンバーとして、プラスチック廃棄物による海洋汚染の改善を目指してサポートを続けてきました。

388775

「海底に沈んだ刺し網は、壁のように海の生き物の往来を遮断してしまうんです。でも、回収された網がこうして再利用でき、また生活の場に戻ってこれるんです」

アディダスから支援を受けて、海洋ゴミ収集のためのプロジェクトチームを創設した「Parley for the Ocean」のCyrill Gutsch氏(写真左)は、米メディア「Fast Company」の取材に対してこう答えています。ちなみに写真右は、アディダスグループのグローバル・ブランドを統括するEric Liedtke氏。

アディダスはこれまでにも、廃棄物の発生をゼロにした革新的な製法「Primeknit」をスニーカーのアッパーに採用するなど、ムダを生み出さないものづくりと、環境に対する企業のソリューションを率先してきた歴史があります。
企業レベルで環境保全に取り組んでいくことが、ようやくトレンド化しつつある昨今。こうしたコンセプト商品が、企業の取り組みをアピールするアイコンとして、効果を発揮しています。

なお、このスニーカー、年内には一般消費者向けに販売が予定されているそうなので、楽しみです。

 Reference:Fast Company
Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications

軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
ビール会社CORONAがNPO団体Parley for the Oceansと連携。メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアの島で、プラスチッ...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...