「海洋ゴミ」を再利用したバッグコレクション

2050年には魚より多くなるともいわれる海洋ゴミ

世界中で問題視され、さまざまな取り組みが行われる中、その主なゴミのひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collection」がバックブランド「russet(ラシット)」より登場した。

©パルグループホールディングス

これは、繊維商社「田村駒」によるエコ事業「ecoMA」とのコラボレーションによるもの。

まるで幽霊のように海をさまようことから「ゴーストネット」との別名を持つ漁網をナイロン糸「ゴーストネットバスターズ(GNB)」に再生し、海を守ろうとする「ecoMA」のプロジェクトにラシットが賛同したことから企画された。

©パルグループホールディングス
©パルグループホールディングス

ラインナップは、リュックサック(税込1万7600円)に加え、トートバッグ(税込9350円)とショルダーバッグ(税込1万3750円)の3種類。

それぞれ付属のポーチにかんたんに収められるデザインで、デイリーユースはもちろん、エコバッグとして持ち歩くのもよさそうだ。

詳しくは、ぜひコチラの特設サイトからチェックしてみて!

Top image: © パルグループホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。