16歳の高校生が考案した「海洋ゴミ回収プロジェクト」が、北海でテスト開始。

毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。

この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギーを用いてコストを最小限に抑え、海洋生物を傷つけずに、大量のゴミを回収・リサイクルできる可能性を秘めています。

2016年6月22日に、そのプロトタイプのテストが北海でスタートしました。

高校生のアイデアに、
200万ドルの投資が集まった。

16歳の男子高校生だったBoyan Slatは、夏休みにギリシャの海を泳いでいたときに、魚よりもプラスチックが多かったことに驚き、この問題を解決しなければと思い立ちました。

18歳になると、自身が考案した海洋ゴミ回収システム「The Ocean Cleanup Array」を「TEDxDelft 2012」で紹介し話題に。翌年には本格的にプロジェクトの開始を発表し、クラウドファンディングで200万ドルもの資金を集めました。

プラスチックゴミが及ぼす影響範囲は広く、海洋生物への影響はもちろん、食物連鎖により毒素が伝わっていくことで、人間への健康被害にも繋がると言われています。当然大量のゴミを回収する費用も莫大。

しかし、彼のアイデアは、低コストかつ大量のゴミを回収でき、海洋生物を傷つけずに済むものでした。

「浮き」を設置して、
中心に集まったゴミを回収。

プラスチックのほとんどは水面を浮遊しています。そこで、棒状の「浮き」を設置して、海流で運ばれてくるゴミをせき止めます。

波が勝手にゴミを運んでくれるほか、施設の稼働エネルギーは太陽光から賄えるため低コスト。

網を利用しないため、海洋生物を傷つけません。集めたゴミは回収後にリサイクルできます。

目標は「太平洋ゴミベルト」。
7万トンの廃棄物を回収する。

目的は、海洋ゴミをすべて一掃すること。その第一歩として、2020年までにカリフォルニア・ハワイ沖の間へ、長さ100kmに及ぶ大型機材を設置する目標を掲げています。

海流によってゴミが密集する「太平洋ゴミベルト」と呼ばれるエリアには、少なく見積もっても7万トンを超える廃棄物があると言われており、回収にかかる期間は10年ほどと予想されています。

6月22日より北海で始まったプロトタイプのテストについて、Boyan Slat CEOはこうコメント。

「壊れてしまう可能性は30%あるけれど、結果はどうあれ良いテストになるでしょう」

計画は着々と進んでいるようです。最新情報は、公式ホームページで。

Licensed material used with permission by The Ocean Cleanup
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
9月8日に「The Ocean Cleanup」のゴミ回収作業が、サンフランシスコで始まりました。太平洋ゴミベルトに7万トン以上あるといわれている廃棄物の...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...