人間のウンチから、金・銀・プラチナなど「貴金属」が採取できると判明!

信じられない事実が判明したようです・・・。なんと、人間のウンチには、金や銀がたくさん含まれているのだとか!含まれている金属の種類は、パラジウム、バナジウム、金と銀の小粒子、さらにはスマホや電子機器の製造に使用されるレアメタルまで含まれているという驚きの調査結果が発表されました。

アメリカの地質調査団体、「US Geological Survey」のスミス博士率いるチームが発表した内容によれば、100万人分の汚水には約1300万ドル(およそ13億円分)に相当する貴金属が含まれており、この金属を採取、再利用していくことが可能になると言います。

自然にも大きなメリット!

実は金属って身の回りに溢れているとても身近なもの。消臭スプレーやシャンプー、ヘアケア用品や洗剤など様々なものに利用されているんですよね。
調査はアメリカの58カ所の下水道を対象に行われたもので、電子顕微鏡を用いて金属の粒子を発見することに成功したというもの。同国では毎年700万トンものバイオソリッド(汚水の浄化過程で出て来る沈殿物)が排出されており、その半分は森林の肥料に、半分は埋立地へと利用されていました。

スミス博士のチームは、プラチナや金・銀などを採取するための研究調査をすでに開始しており、人間の汚水に含まれている金属の含有率は自然の鉱床を採掘する際と変わらないため、販売する金属を採取する新しい方法としても充分に利用できる可能性があるようです。

また、人々から出る汚水から金属を取り出すことで、自然への流出を減らすこともでき、まさに人間にとっても自然にとっても利益となるシステムができるはずだ、とスミス博士は語っています。

人間のウンチって、私たちが思っている以上にずっと価値のある存在だったようですね・・・。

Reference:nu, Eurek Alert
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...