海岸に残るウミガメの足跡。それは彼らの「悲鳴」だと、知っていますか?

愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。

seaturtle01

しかし近年、安全だったはずのこの海岸が、彼らにとって危険な場所になっているといいます。

その理由は海岸の人口化により、テトラポットなどのブロックが設置され、砂浜の減少が進んでいるから。

砂浜に上陸することさえ困難なウミガメが、産卵し、また同じ道を辿って海に戻るのは、まさに命がけの行為。行く手を阻まれた彼らは、何度も迂回を試みたり、延々と続くブロックに沿って何時間も移動したりせざるを得ないのです。

seaturtle

産卵のピークである夏には、このようなタートルトラックと呼ばれる足跡が多く見られるといいます。これは、ウミガメの「悲鳴」と言っても過言ではありません。

seaturtle_01

最悪の場合、出産後、海に戻る途中で体力が限界に達してしまい、ブロックに挟まって死に至るというケースも少なくありません。

seaturtle_04

この問題を解決すべく立ち上がったのが、NPO法人表浜ネットワーク。理事長の田中雄三さんをはじめとし、10年間にわたってウミガメが産卵しやすい砂浜作りを試みてきました。

そしてこの度、もっと多くの人に現状を伝えるため、ウミガメの生態や、これまでの取り組みをまとめた冊子を作るのだそう。

その制作に必要な資金を、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っています。ウミガメの命を守るために、ぜひ、協力をお願いします。

コンテンツ提供元:ReadyFor

近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
米東海岸といえばクラムチャウダー。では西海岸はどうかというと……。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...