世界中のコスプレイヤーが、「海洋ごみゼロ」へ向けて立ち上がる

コスプレイヤーにとって「海」は、大切なロケーションの一つだ。そんな海が汚れてきているのを、コスプレイヤー自身も感じている。だから、

「世界中のコスプレイヤーの力で、海洋ゴミから海を守ろう」。

全世界のコスプレイヤーを対象に募集を開始した「コスプレde海ごみゼロアワード」は、そんなコンセプトを掲げるアクション。世界コスプレサミット実行委員会と日本財団が、海洋ごみ対策プロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、2019年10月1日よりスタートさせた。

アワードは2部門からなり、アクション部門では「海洋ごみの削減につながるコスプレイヤーならではの活動」を募集。

一方、コスチューム部門では「海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみを減らす(Reduce)・再利用する(Reuse)・再生する(Recycle)等を意識したコスプレ衣装レシピ」を募集する。

審査は事務局及び海洋ごみ有識者や漫画・アニメ・ゲーム業界の第一人者等で構成された審査委員会で行われ、グランプリには活動奨励金100万円が授与されるという。

世界中で増え続ける海洋ごみの問題。海は今、静かな悲鳴をあげて苦しんでいる。ヒーロー・ヒロイン、一人ひとりの行動が、未来に向けて美しい海を守ることにつながるのだ。

募集期間は2019年10月1日から2020年3月31日まで。いつまでも美しいロケーションで撮影できるよう、海を一緒に守っていくアクションの輪を広げるため、今、世界中のコスプレイヤーの力が必要とされている。

©2019 世界コスプレサミット実行委員会

『コスプレde海ごみゼロ』

【公式ホームページ】https://www.umigomi-cosplayaward.com/

Top image: © iStock.com/TopVectors, iStock.com/Liliia Kyrylenko, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
茨城県ひたちなか市で1969年に創業した老舗コーヒー店「サザコーヒー」が開発した「レインボーミルクレープ」がオンラインでも購入可能に。甘い物好きの社長が、...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...