世界中のコスプレイヤーが、「海洋ごみゼロ」へ向けて立ち上がる

コスプレイヤーにとって「海」は、大切なロケーションの一つだ。そんな海が汚れてきているのを、コスプレイヤー自身も感じている。だから、

「世界中のコスプレイヤーの力で、海洋ゴミから海を守ろう」。

全世界のコスプレイヤーを対象に募集を開始した「コスプレde海ごみゼロアワード」は、そんなコンセプトを掲げるアクション。世界コスプレサミット実行委員会と日本財団が、海洋ごみ対策プロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、2019年10月1日よりスタートさせた。

アワードは2部門からなり、アクション部門では「海洋ごみの削減につながるコスプレイヤーならではの活動」を募集。

一方、コスチューム部門では「海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみを減らす(Reduce)・再利用する(Reuse)・再生する(Recycle)等を意識したコスプレ衣装レシピ」を募集する。

審査は事務局及び海洋ごみ有識者や漫画・アニメ・ゲーム業界の第一人者等で構成された審査委員会で行われ、グランプリには活動奨励金100万円が授与されるという。

世界中で増え続ける海洋ごみの問題。海は今、静かな悲鳴をあげて苦しんでいる。ヒーロー・ヒロイン、一人ひとりの行動が、未来に向けて美しい海を守ることにつながるのだ。

募集期間は2019年10月1日から2020年3月31日まで。いつまでも美しいロケーションで撮影できるよう、海を一緒に守っていくアクションの輪を広げるため、今、世界中のコスプレイヤーの力が必要とされている。

©2019 世界コスプレサミット実行委員会

『コスプレde海ごみゼロ』

【公式ホームページ】https://www.umigomi-cosplayaward.com/

Top image: © iStock.com/TopVectors, iStock.com/Liliia Kyrylenko, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。