海の生き物たちが「プラスチックごみを食べてしまう理由」が判明

水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ているという「プラスチックごみ」、海の生き物たちが誤って食べてしまい、深刻な被害をもたらしています。この問題に対し、研究者より新たな事実が明かされました。

誤飲の原因は、見た目よりも
「におい」に問題あり

プラスチック かもめ 

Animals Eat Ocean Plastic Because it Smells Like Food

これは先日、「ナショナルジオグラフィック」電子版に掲載された記事のタイトル。意訳すれば、(プラスチックごみを食べてしまう理由は、食べ物のにおいがするから)といったところでしょう。

海で生活するあらゆる生き物たちが餌とごみの区別がつかずに、間違えてプラスチックを飲み込んでしまう。誤飲、誤食をくり返すことで、胃などの消化器にごみがたまり続け、やがては餌が食べられずに死んでしまいます。

原因はプラスチックごみの見た目にある。これまで研究者たちが指摘してきた理由です。たとえば、ウミガメがビニールを誤飲してしまうのは、クラゲが浮遊する姿に似ているから、といったように。

ところが、米国科学振興協会のオープンアクセス誌「Science Advances」に発表された研究者たちの調査によると、誤飲の原因は見た目ではなく、そのにおいにあるんだそう。

死に至らしめる
危険な“トラップ”

海洋汚染 プラスチック

おもに海中の藻類は、オキアミの餌となり、これを小魚や海鳥たちが食べるというのが海の生態系。この藻類から発せられる独特な匂いがあるそうです。ジメチルスルフィド(DMS)と呼ばれるこのにおいを頼りに、小魚や海鳥たちが集まってくるというわけ。

ところが、この藻類が繁殖するエリアに集まってくるのは、海鳥や小魚ばかりではありません。海をただようプラスチックごみです。

藻類はこのごみに付着しさらに繁殖。ところが、藻類が死滅した後もDMSのにおいだけは、ごみに付着したままとなる。つまりは、小魚も海鳥も、この“においのトラップ”に引っかかってしまい、漂流するごみを餌と間違って口にしてしまう。これが研究者たちが導き出した答えです。

 

2050年には、
魚とごみの数が逆転!?

海の中の重量だけで比較した場合、このままでは2050年には魚よりもごみの量が上回ってしまうとの予測もあります。

でも、世界経済フォーラムが算出したこの数字には、海の生き物たちの誤飲問題は入っていないことを思うと、いっそう危機感だけが増していくように思えませんか?

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
先月「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」とコラボしたバービー人形「フォトジャーナリスト版」が発売された。大人も集めたく...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
ビール会社CORONAがNPO団体Parley for the Oceansと連携。メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアの島で、プラスチッ...
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...