海洋プラスチックゴミを使って、海の生態系を再現

海へと流出したプラスチックゴミが潮の流れにのって集まる「太平洋ゴミベルト」には、じつに160万平方キロメートルにも及ぶゴミが漂っているんだそう。

海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org

いま、世界のいたるところで深刻な問題となっているのが、このプラスチックゴミによる海洋汚染。キレイな海を台無しにするばかりか、海の生態系をもおびやかす厄介者にオレゴン州のNPO団体が地元の子どもたちと一緒に、ある取り組みを始めました。

アートで海を救いたい

海洋プラスチックゴミ アート
©WashedAshore.org

プラスチックで汚染されていく海のために何かアクションを起こしたい──。

大好きな浜辺でゴミ問題を目の当たりにしたAngela Haseltine Pozziさん。造形作家で教師でもある彼女がとった行動こそプラスチックゴミをアートに替える「Washed Ashore」でした。

浜辺に打ち寄せられたおびただしい数のプラスチックゴミに、彼女ならではの方法で挑みます。それが、周りの人たちを巻き込んで一緒に作品をつくりあげていくこと。浜辺でゴミを広い、洗って、アート作品に仕上げる。小学校で開催するワークショップは、そのまま子どもたちをこの活動に参加させるキッカケに。

Angelaさんはこの活動を6年以上も続け、海に漂っていた何トンものプラスチックゴミを作品にリメイクしてきました。元はと言えば誰かが捨てたゴミ、それが材料となり、“海の生きもの”への生まれ変わっていきました。

海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
海洋プラスチックゴミ
©WashedAshore.org
Top image: © WashedAshore.org

関連する記事

2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...