アメックスが「海洋ゴミを使ったクレジットカード」の製造へ

2018年6月7日、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。

アメックスの空港ラウンジで使われているプラスチック製品も使用廃止されるとのこと。

ちなみに、このプロジェクトに協力しているのは「Parley for the Oceans」。AdidasやCoronaなどともパートナーシップを組んでいることで知られる海洋保護団体です。

これからもアメックスは彼らが提言している「ParleyAIR」という環境対策に協力していくそうですよ。

マクドナルドやスターバックスも、つい最近使い捨てストローの提供を見直すと宣言したところ。今プラスチック問題が世界的に注目されていますね。

©American Express
Top image: © American Express
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。