脱プラスチックにインド伝統の「焼き物」が貢献

インドでは鉄道での通勤通学の途中、僕たちがコンビニでコーヒーを買う感覚で、チャイをすするのが習慣だそう。

そこで使われているのが、おもにプラスチックカップ。けれど、飲んでは捨ての悪循環に、インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。

クルハドは、北インドやパキスタンで伝統的に使用されてきた素焼きで、シンプルな粘土質。塗装も釉薬も施されていないため、完全に生分解性割れば土に還るエコなカップだ。薄焼きの特性を活かし、飲んだあとそのへんにポイ捨てされても、最後は土に還るというわけ。なんともインド的発想。

さて、クルハド変更のもう一つのメリットがある。

それは、およそ200万人近い失業中の陶芸職人たちの雇用も同時に生み出すということ。代替カップがワークすれば、彼らの平均月収も4倍に上がるという試算も出ている。

年間940万トン近く発生するプラスチックごみによる汚染対策に、2019年より乗り出したインド。使い捨てのレジ袋や食器などのプラ製品の使用を段階的に制限し、2022年までに全廃する禁止令は、ナレンドラ・モディ首相肝入りの政策でもある。

脱プラスチックで持続可能な社会の実現へ。お国変われば施策もまた、さまざま。

Top image: © Dupinder Bains/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
大人気そうめん専門店「そうめん そそそ」から、こだわりの新商品「So-men Box set」が登場。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
主演のサラ・ジェシカ・パーカーがInstagramにアップしたティザーに、ファンは大興奮!
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
2月7日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「The Couch Console」は、ソファの上でくつ...
コンセプトを“世界とつながる”から“ウェルネスを届ける”と変更して、スマートホステル「&AND HOSTEL KURAMAE WEST」が今月13日(水)...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。