インドのゴミ問題 パッケージの「神さま」にあるモノを加えたら・・・一気に解決!?

人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパッケージに描かれたヒンドゥーの神々。捨てたくても捨てられない…。

このジレンマに、革新的なアイデアを提案した企業が。彼らの製品はゴミを出さないばかりか、新たな生命が生まれるという。

「神さまは捨てられない…」
厚い信仰心ゆえのゴミ問題

敬虔なヒンドゥー教徒が多いインドでは、あらゆる日用生活品のパッケージに、彼らの信じる「神さま」が描かれている。ヒンドゥーの教えに従えば、神々の数は約3億3,000万。その種類は実に多様だ。

「神さまがプリントされているだけで、売れ行きだって大きく違うんだ」

露天商のこの言葉を聞くだけでも、どれだけ信仰が人々の生活の中に深く根ざしているかは、想像に難くない。商品を売る側もヒンドゥー教徒なら、買う側もまたしかり。

本来、消費者からすれば、必要なのは商品の中身であってパッケージではない。それでも、信仰の厚い人からすれば、神々が描かれた包装紙を「むげに捨てることなんてできない…」ということになる。

ある人は街路樹の下に不要となった包装紙を置く。“ポイ捨て”という発想ではなく、そっとそこに置いていく、というのが正しいのかもしれない。
ほかにも、橋の上から川の水の中へと落とす人。彼らは、わざわざこの場所にパッケージを捨てにやってくる。

「これは、いわば儀式みたいなものだよ。じゃあどうやって、神さまをゴミ箱に捨てることができるっていうんだい?」

ゴミを川へ流しにきた老夫は、じっと手を合わせて川下へと向かう包装紙を見送った。

たとえ尊い神々が描かれていようとも、大量に放置され、川に流されていく包装紙はやはりゴミ。ここに、消費者たちのジレンマが生まれていた。

捨てさせないアイデア。
再利用のカギは「生まれ変わり」

カンプールに拠点を置くスタートアップ企業「Helpusgreen」が、社会問題化するインドのゴミ問題と、この“捨てるに捨てれない”包装紙に対して、革新的なソリューションを図った製品を開発した。インド家庭で頻繁に使用されるお香。パッケージには、もちろん神さまが描かれている。だが、彼らのお香「YAGYA」はゴミにならずに「花」になる。

使い終わった後のパッケージをそのまま土に埋めると花が咲く。ゴミを出さないばかりか、新たな生命を生み出すのだ。

100%土に還るYAGYAの包装紙には、ホーリーバジルの種が埋め込まれている。インク塗料も野菜から抽出した顔料を使用する徹底ぶり。

要らなくなった包装紙は、丸めて土の中に埋め水をやれば、やがて芽が出て花を咲かせる。

さらに、パッケージのQRコードを読み取り、咲いた花を写真に撮り専用サイトにアップすることで、次回購入時、製品が割引になるポイント付きだ。

人々の信仰心を尊重しつつ、ゴミ問題の解決に新たな一手を示したこのお香。小さな一歩が、やがてインド家庭の軒先にたくさんの花を咲かせるかもしれない。

Licensed material used with permission by Helpusgreen
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...