エコな「食べられるスプーン」が未来のスタンダードになる!?

大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間120億個もの廃棄があり、問題視されていたとか。

そこで開発されたのが、ここで紹介する「食べられるスプーン」というわけ。

原材料は、
米・小麦・きび。

「Bakeys」は、米・小麦・きびと3種類の穀粉で作られていて、食事が終わったらそのまま食べられるだけでなく、栄養も満点だそう。

賞味期限は3年間。防腐剤なども使用しておらず、食感はビスケットのようですが、スープやカレーなどの汁物にも使えます。

フレーバーが豊富!

甘いものから、インドらしいスパイシーなものまで種類は様々。

シュガー、ジンジャーシナモン、ジンジャーガーリック、クミン、セロリ、ブラックペッパー、ミントジンジャーなどなど。メニューに合わせてスプーンの味を選ぶ、なんて時代が来るかもしれません。

フォークや箸も!

そんな「食べられるカラトリー」を広めるべく、現在はスプーンだけでなくフォークや箸などのラインナップも進行中。そのための資金を「Kickstarter」で募っています。事前予約の価格は、100個入りで10ドルから。日本に送る場合、送料は5ドルかかります。

捨てても土に還るため、プラスチック製カトラリーの代替品となることが期待されている「Bakeys」。一度食べてみたい!

Licensed material used with permission by BAKEY’S
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
メルボルン生まれのスプーン付きジャー「SPLID」は、日本でやったら大ひんしゅくな「ある習慣」を解決すべく生まれた便利で衛生的なアイテム。今回はこれまでな...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...