「スケートボード」で環境問題にアプローチ!?その素材はなんと・・・

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美しい海をなんとか維持するため、彼らは“エコすぎるスケートボード”を制作しました。

廃棄される漁網を回収し、
リサイクルする仕組みを確立

4ddafd272aa5afca59db76c7f6acde6bed4ff672

その素材は、南米・チリで廃棄される「漁網」。というのも、漁業の盛んな同国ではシステムの未整備もあり、使用済の漁網が大量に海に投棄されている現状がある模様。それゆえ、海に暮らす生物が命の危険にさらされることも少なくないのだとか。

97082bb9a11225897ea13ad1dfc0f75240224125

そこでBureo社は、「Net Positiva」という独自の漁網回収&リサイクルシステムを構築。漁師のために然るべき回収ポイントを設置し、良質でリサイクル可能な漁網を入手しているというわけ。

E03cc2d1de62733cd4cbd8a425ef9fdff0085d82C2e91a7bf6eb89ffbd93264f19ce965c05dc693c3c23518d5b0c445af6725b7864bb5e3d69750d9e

リサイクルされた漁網は新たな素材に生まれ変わり、ロサンゼルスへ。そうして、スケートボード「Ahi」へと変身を遂げるのです。

782f7cc5d7049fdf99362cb37d9493d0cca46ecb132ceffa8386217985edbd68cf61e7d073ab5859

ちなみに、彼らの企業名である「Bureo」とは「波」の意。環境問題に対して小さな変化を起こし続けることで、やがて大きな波に変えていく意志が込められているそう。

4c94f5ed61d0e984b68ac4c98d8c40b157a52a807125536eb18947cb30fdb2e2a3120de72cbc53712e2608c5b8d15a0fdee46ab7ac22113388c75d28

スケートボードで環境問題にアプローチするなんて、なんともクールな発想ですよね。ちなみに日本では、Bureo社の「Minnow Cruiser」という別モデルをパタゴニア日本支社で購入可能です。

Licensed material used with permission by Bureo Inc
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...