「スケートボードの発祥」を知っていますか?

サーフィンやBMXに並ぶエクストリームスポーツの代表格として知られ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの正式種目にも選ばれたことでさらに注目が高まっているスケートボード競技

そんなスケボーという遊びやスポーツに使用される、木製の板にウレタン製のタイヤ(ウィール)を装着したスケートボードというプロダクトがどのように誕生したか知っていますか?

これには様々な説がありますが、とある名作映画にその真実に迫るヒントとなるようなシーンが存在していました。

その映画とは、1985年に公開され大ヒットを記録したSFアドベンチャー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

主人公の高校生がタイムマシンで1985年から1955年にタイムスリップした際、追っ手から逃れために、通りで遊んでいた子どもから手製と思われるオモチャを借ります。そのオモチャとは......木箱の底に8個の金属製の滑車がついたもの

主人公は箱の底を踏み抜き、滑車のついた板をスケートのように操って逃げ延びます──。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の製作総指揮は、かのスティーブン・スピルバーグです。

数々のヒット作を生み出し、二度のアカデミー監督賞を受賞したスピルバーグは、時代考証や事実関係の裏どりに相当な時間と労力をかけることで知られています。そんなスピルバーグが、思いつきやその場しのぎのシーンを描くことなどあるのでしょうか......?

スケボーの発祥を描いている(かもしれない)シーン、みなさんもチェックしてみてください。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
本日、11月9日からアディダスとパレス スケートボードがコラボレーションしたコレクションが販売開始。
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。