「スケートボードの発祥」を知っていますか?

サーフィンやBMXに並ぶエクストリームスポーツの代表格として知られ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの正式種目にも選ばれたことでさらに注目が高まっているスケートボード競技

そんなスケボーという遊びやスポーツに使用される、木製の板にウレタン製のタイヤ(ウィール)を装着したスケートボードというプロダクトがどのように誕生したか知っていますか?

これには様々な説がありますが、とある名作映画にその真実に迫るヒントとなるようなシーンが存在していました。

その映画とは、1985年に公開され大ヒットを記録したSFアドベンチャー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

主人公の高校生がタイムマシンで1985年から1955年にタイムスリップした際、追っ手から逃れために、通りで遊んでいた子どもから手製と思われるオモチャを借ります。そのオモチャとは......木箱の底に8個の金属製の滑車がついたもの

主人公は箱の底を踏み抜き、滑車のついた板をスケートのように操って逃げ延びます──。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の製作総指揮は、かのスティーブン・スピルバーグです。

数々のヒット作を生み出し、二度のアカデミー監督賞を受賞したスピルバーグは、時代考証や事実関係の裏どりに相当な時間と労力をかけることで知られています。そんなスピルバーグが、思いつきやその場しのぎのシーンを描くことなどあるのでしょうか......?

スケボーの発祥を描いている(かもしれない)シーン、みなさんもチェックしてみてください。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

2020年1月17日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売をおこなっている「Elos」。2016年にカリフォルニアで生まれたコ...
2月5日、「NIKE」が東京オリンピック・パラリンピックでアメリカ代表選手たちが着用するユニフォームを発表した。
11月23日(土・祝)、日本最大級のキッズ・スケートボードコンテスト「FLAKE CUP」が開催。
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
「スタジオジブリ」が大好きな大人のためのアメカジブランド「GBL」から、ジブリのキャラクターをあしらった本格的な「スケートボード」が登場。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...