オフロード用ヘルメットの「つば」は「日除け」が目的じゃないんです

アメリカやヨーロッパで人気のオフロードレース

BMXモトクロスなど、未舗装のオフロードを走る自転車やバイクに乗る際にかぶるヘルメットの前頭部には「バイザー」と呼ばれる「つば/ひさし」がついています。

「ベースボールキャップと同じで“日除け”のためでしょ?」って思った人、ちょっと待ってください。では、なぜオンロードを走る自転車やバイクのためのヘルメットにはバイザーがついてないんでしょうか?

じつはこのバイザーというパーツ、日除けではなく泥除けのためにつけられているもの。

レースの際、前を走る選手が跳ね上げた土や泥が視界をふさいでしまうことを防ぐのが、このヘルメットのバイザーの役目なんです。

「でも、前方から飛んでくる泥から視界を守るのなら、額(ひたい)につけても意味ないんじゃ......」。

それには、オフロードレースならではの理由があります。

オフロードレースで使われる自転車やバイクのタイヤはブロックタイヤと呼ばれ、接地面に深く大きな溝が掘られています。レース中、ブロックタイヤによって蹴り上げられた土や泥は、真後ろだけでなく、後方の斜め上にまき上げられる格好になります。

つまり、後ろを走る選手は、上空から土や泥が降ってくるような状況になるため、前頭部にセットする必要があるんです。

日本ではまだ馴染みのないオフロードレースですが、機会があったら一度観戦してみてください。きっと、その迫力とスピード感に圧倒されるはずですよ。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...