「BMXのタイヤって、なんでこんなに小さいの?」って疑問に答えます

かつてはアンダーグラウンドなカルチャーでありながら、トリックの華麗さや難易度の高さを競う「フリースタイル・パーク」が2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれたことで、現在、かつてない盛り上がりをみせているBMX(バイシクルモトクロス)。

ストリートファッションに身を包んだ人たちが街中や公園で乗っている姿を見たことがある人も多いかと思いますが、買い物や通勤・通学などに利用される通称・ママチャリに比べてタイヤ(ホイール)が小さいとは思いませんか?

その理由は、じつに明快です。

BMXのタイヤが小さい理由──それは、もともと子ども用として発売されたものだったから(笑)

BMX発祥の地であるアメリカですが、1950年代には、自転車は一部の裕福な家庭だけがもつことのできる高級品であり、子ども用の自転車は一般的なものではありませんでした。

その後、1960年代の中盤に「SCHWINN(シュウィン)」が販売した子ども向けモデルが爆発的にヒットし、子どもたちの間で一大自転車ブームが巻き起こるわけですが、その流行に乗じて、子ども向け自転車をカスタムしてダートを走るBMXというスポーツが誕生したのです。

その後、 BMXはオフロードだけでなく、舗装された場所でも乗られるようになり、スケートボードに並ぶストリート系エクストリームスポーツとして高い人気を集めることになりました。

激しく、危険で、最高にかっこいいBMXのマシンとその競技が、もともとは子ども用の自転車から発展したものだったなんて......おもしろいと思いませんか?

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...