「ヘッドフォン」と「ヘルメット」を共存させたい人のための最強ギア

雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけはどうしたって共存できない関係性…こう思っていたのに。

なんだ、そんなことが可能だったんだ!

これは、ライディングも、サウンドも、スタイルも、バッチリ決めたいってワガママな人のためのヘルメット。

着脱自在、セットアップみたいな
ヘルメットとヘッドフォンの関係性

Abf419c1f123d9ae8c960b69d3e7db8aa7ffeea0Bf000ab8e6f163ec43f0f8b90f308ad5065e9aba

これまで、デザインも含めて本気で「イケてる」と言えるような、ビルドインタイプのスピーカー内蔵ヘルメットがあったろうか。いわゆるイヤホンタイプでイヤーパッドだけは大きい、みたいなものはあれど、着脱式という点で言えばこの「SOUNDSHIELD」はかなりイケてるんじゃないかな。

もともとは、スノースポーツアスリートたちの練習用にデザインされたものだそうだから、頭部を保護するヘルメットとしての安全性はお墨付き。ならばなおさら、彼らだけのツールにしておくにはもったいない。スケボーでも、ローラーブレードでも、BMXでも、あるいは日常のサイクルにだって、なくはないはずだ。

メットをかぶっていても
操作ラクラク

E9164335168628c25af20645d8f3b0e00c8f05025746e3a4ea2e6c5e39e078975fb1643fdd56baa7

ヘルメット装着時、すべてのインターフェースはヘッドホンのハウジング(画像の黄色部)をプッシュすることで始まる。音量の調整は、ダイヤル式になったハウジング周りでコントロール。もちろんBluetooth仕様だから、わずらわしいコードもないし、いちいち手袋を外す必要もないという訳だ。

68613fccb9e0bddf4221ff6b19fd82fd7d6c810b

さらには内蔵されたマイクを通して通話もできる。これとて1タップ。一度の充電で最大16時間を再生でき、Bluetooth経由でストリーミングも可能だという。要はワイヤレスヘッドフォンとしての機能も十分満たしているギアを、ヘルメットに着脱してしまったのがSOUNDSHIELD。

日常とエクストリーム
どちらのニーズにも応える

85940da7906c62c592e68ee1b048bfa717dc7579528dc9c8606f78ec5fe553af9c975ad832e80630

普段はヘッドフォンとして、ライディングで頭の保護が必要な時にはヘルメットに装着して、という2WAYの使い分けだっていいしね。どっちにも中途ハンパじゃないところが、とにかくアイテムとしていいじゃないか。

85ce77931b4402703b95e4af7924063b6ec089010d6e2464ba70292b57ba21eb28a9b9a44c492b2a

ところで転倒の際など、このヘッドフォンが簡単にヘルメットから着脱してしまうようでは一体型と言っても意味がない。メーカーによれば、メット内部に4つのアンカーポイント(止め具)でしっかりホールドされるため、どんな状況でも定位置に固定していられると太鼓判。

「普段の日常とエクストリームな場面、その両方にフィットして、機能もデザインも満足できるギアがなかった。じゃあそれをつくればいいってね」。

プロダクトデザイナーでCEOのJuan Garcia Mansilla、彼の発想はいたって単純。世にないなら自分がつくればいい、だった。

早期割引の恩恵で、今なら189ドル(約21,000円)で、送料無料。ただし、納期は今年の12月を予定。来シーズンへの楽しみがひとつ増えるんじゃないかな。

Licensed material used with permission by UNIT 1
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
フルーツや野菜を水につけて楽しむデトックスウォーターの進化系とも言える「フォンダンウォーター」人気の韓国。生ではなくドライフルーツを使うのが特徴ですが、こ...
このアイテム、カードホルダー以外の要素が強烈です。EDC(Every Day Carry)したいカード類やペンはもちろん、ドキュメント保存用のSDカードま...
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
VRで遊んでる人を、横で見たことありますか?「わー!きゃー!」とか言って、とても楽しそうですよね。大自然のなかに飛び込んだり、本当に目の前にゾンビがいるよ...
「AUMEO AUDIO(オウメオ オーディオ)」は、自分が聴きやすい周波数の音を流してくれるアイテム。よりいい音で音楽で楽しみたい人へ。
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...