「ヘッドフォン」と「ヘルメット」を共存させたい人のための最強ギア

雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけはどうしたって共存できない関係性…こう思っていたのに。

なんだ、そんなことが可能だったんだ!

これは、ライディングも、サウンドも、スタイルも、バッチリ決めたいってワガママな人のためのヘルメット。

着脱自在、セットアップみたいな
ヘルメットとヘッドフォンの関係性

これまで、デザインも含めて本気で「イケてる」と言えるような、ビルドインタイプのスピーカー内蔵ヘルメットがあったろうか。いわゆるイヤホンタイプでイヤーパッドだけは大きい、みたいなものはあれど、着脱式という点で言えばこの「SOUNDSHIELD」はかなりイケてるんじゃないかな。

もともとは、スノースポーツアスリートたちの練習用にデザインされたものだそうだから、頭部を保護するヘルメットとしての安全性はお墨付き。ならばなおさら、彼らだけのツールにしておくにはもったいない。スケボーでも、ローラーブレードでも、BMXでも、あるいは日常のサイクルにだって、なくはないはずだ。

メットをかぶっていても
操作ラクラク

ヘルメット装着時、すべてのインターフェースはヘッドホンのハウジング(画像の黄色部)をプッシュすることで始まる。音量の調整は、ダイヤル式になったハウジング周りでコントロール。もちろんBluetooth仕様だから、わずらわしいコードもないし、いちいち手袋を外す必要もないという訳だ。

さらには内蔵されたマイクを通して通話もできる。これとて1タップ。一度の充電で最大16時間を再生でき、Bluetooth経由でストリーミングも可能だという。要はワイヤレスヘッドフォンとしての機能も十分満たしているギアを、ヘルメットに着脱してしまったのがSOUNDSHIELD。

日常とエクストリーム
どちらのニーズにも応える

普段はヘッドフォンとして、ライディングで頭の保護が必要な時にはヘルメットに装着して、という2WAYの使い分けだっていいしね。どっちにも中途ハンパじゃないところが、とにかくアイテムとしていいじゃないか。

ところで転倒の際など、このヘッドフォンが簡単にヘルメットから着脱してしまうようでは一体型と言っても意味がない。メーカーによれば、メット内部に4つのアンカーポイント(止め具)でしっかりホールドされるため、どんな状況でも定位置に固定していられると太鼓判。

「普段の日常とエクストリームな場面、その両方にフィットして、機能もデザインも満足できるギアがなかった。じゃあそれをつくればいいってね」。

プロダクトデザイナーでCEOのJuan Garcia Mansilla、彼の発想はいたって単純。世にないなら自分がつくればいい、だった。

早期割引の恩恵で、今なら189ドル(約21,000円)で、送料無料。ただし、納期は今年の12月を予定。来シーズンへの楽しみがひとつ増えるんじゃないかな。

Licensed material used with permission by UNIT 1
明後日18日(金)に発売となる「Apple」初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」はオーバーイヤー型デザインを採用。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
人々の日常に深く浸透しているプラスチック製品が問題となっているなかで、環境に優しい素材として“コルク”が注目を集めている。そこでフランスのデザイナーPau...
スイスの高級文房具ブランド「Montblanc(モンブラン)」がワイヤレスヘッドフォンを発表。シンプルでありながら高級感溢れる見た目で、細部までこだわりが...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
アクティブなライフスタイルを地でいくGO OUT編集長がオススメする育児グッズ。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?