「個室いらずのヘルメット」は、かぶるだけで周りの音を遮断する

作業に集中できる自分だけの仕事部屋を持ちたいけれど、会社員にとって一人ひとりが個室で作業するのは、現実的になかなか難しい。

では、これならどうだろう。特大のヘルメットが周囲の雑音を遮断する。もちろん、周りが声をかけづらい…といった見た目の問題ではなく。

集中力も生産性もUP
雑音の日常よサヨウナラ

デザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃ではなく雑音からその身を守るためのヘルメット。かぶるだけで電話の音や、他人の会話を気にすることなく、自分の作業に意識を注ぐことができるらしい。

Photo by Hochu rayu

外装はニトロ塗装とガラス繊維、内部は発泡ポリエチレン材を用いた、本格的な遮音仕様。さらには、電話機能としてマイクとスピーカーがデフォルトで内臓されているそうだ。電話とセットでつくられたことからHelmfonという名もつけられた。

かぶったまま、
PCや電話で仕事ができる

Photo by Hochu rayu

かぶったままの状態で通話やPCでの作業はできるし、なおかつ自分だけの静寂を確保できる、限られたスペースで仕事しやすい環境を生み出すウェアラブルデバイス。オフィスワーカーにとって、まさにヒーロのような存在のヘルメット、とはちょっと言い過ぎ?

そうそう、Bluetooth搭載なので、個室がないオフィスでも周囲を気にせずWEB会議だって可能。

Photo by Hochu rayu

それにしても、見るからに肩が凝りそうなデザイン。ところが、そこは開発者たちも懸念事項に挙げていたはず、改良に改良を重ね、最新モデルの重量は、わずかに1.5kgというからオドロキだ。

これだけでも十分軽量、けれど首への負担を配慮し、1kg以下を目標に開発を続けるという熱の入れよう。

選べるメットで
遊び心のあるオフィスに

Photo by Hochu rayu

本当にこれ、オフィス用のデザインなのかと疑いたくなるコレクションは、『ミニオンズ』や『バッドマン』など、キャラクターものまで。種類豊富なオートバイのヘルメットに触発され、オフィスが華やぐようカラーリングや、ディテールにこだわっているんだそう。

Photo by Hochu rayu
Photo by Hochu rayu

まあ、そうは言っても……である。

もっともシンプルなものであれ、仕事中にかぶるとなると、少なからず勇気がいる。けれど、それすらHochu rayu開発者らのメッセージングに思えてならない。「遊び心はどんな仕事にだって重要でしょ」と。

仕事一徹にならずに、こういうユーモアで楽しみに変える心のゆとりが、働く上で必要なのは当然のことだよね。

Photo by Hochu rayu

実用化に向けての開発段階にもかかわらず、すでにアメリカの複数の企業からオファーがあるという。仕事と遊びの垣根を越えたようなヘルメット、日本にも必要としている人が少なくないのでは?

Licensed material used with permission by Hochu rayu design company
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
オフィスで「仕事に集中したい!」と思っているときにかぎって、同僚に話しかけられたりしませんか?もしかしたらソレ、あなたの“話しかけないでオーラ”が足りない...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...