あれって何なの?片方だけ長い「野球のヘルメット」

普段はそれほどプロ野球を観ない人でも、日本シリーズともなれば、ザッピングの手が止まるというもの。ましてや今年のカードは、名実ともにセ・パ両リーグのトップ球団同士が相まみえる頂上決戦ですからね。

で、試合を観ていて、こんなことを思いませんでした?

「あのヘルメット、なんだ?」

柳田悠岐や中村晃、鈴木誠也に丸佳浩……両チームの主軸を担う選手たちのヘルメットが、なぜか“片方だけ長い”。広島東洋カープはまだしも、ヘルメットが黒い福岡ソフトバンクホークスの選手を見て、「髭伸ばしてるのかな?」なんて思った人もいるはず。

もちろん、アレには名前や意味がちゃんとあります。

その名も「Cフラップ」。デッドボールから頬や顎を守るために、耳あて部分に取り付けるフェイスガードです。

強打者であればあるほど、相手投手からインコースを攻められるため、自然と死球が多くなる。となると、その残像が完全には脳裏から離れず、思い切って踏み込めない。

そんな死球の恐怖心が引き起こす打撃スランプを防ぐためのひとつの手段として、この「Cフラップ」が活用されているのです。当然、万が一デッドボールを受けたときに選手生命を守ることにもつながります。人気選手を負傷離脱させないという点では、球団側にとっても大きな意味を持つでしょう。

ちなみに、第一人者とされているのは、現在ニューヨーク・ヤンキースで活躍するジャンカルロ・スタントン。当時は今のようなコンパクトなものではありませんでしたが、2015年シーズンから着用しています。

メジャーリーグベースボールで本格的に広まり始めたのは、今シーズンから。そのブームが海をこえて秋頃に日本にやってきた格好です。本当にここ最近の話なんですよ。

あ、でも東京ヤクルトスワローズの主砲、ウラディミール・バレンティンだけは取り入れるのがめちゃくちゃ早かった!昨シーズンの序盤には、すでに使ってましたからね。

Top image: © Billie Weiss/Boston Red Sox/Getty Images

関連する記事

パ・リーグ6球団の注目曲を一気に紹介します。
セ・リーグ6球団の注目曲を一気に紹介します。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
野球にカーリング、バスケットボール、ラグビー。競技の垣根を越えて依頼が殺到するユニフォームデザイナー・大岩Larry正志さんにインタビュー。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
数多くの人気漫画を抱える「集英社」が「スタートバーン株式会社」と提携を結んで、世界へ向けたマンガアートの販売サービス「「SHUEISHA MANGA-AR...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...