すべての男性が「野球好き女子」とデートすべきである理由4つ

「母親として家を取り仕切り、長く健康な人生を一緒に歩む女性を探しているなら、野球ファンの女子がおすすめ!」とは、Alison Caseさんの意見。大事なゲームがある日はデートせずに野球を観るという、熱烈なニューヨーク・ヤンキースファンの彼女が「Elite Daily」でその理由を説明しています。

01.
いつなんどきでも
「愛する存在」を気にしている

メジャーリーグの全試合数は162ゲーム。1年の半数を占めていて、全試合見るのは難しい。でも、ファンは頑張って見ようとしちゃう。リアルタイムでアップデートしてくれるアプリを使って外出先でまめにゲームをチェックする──。そんな人とは、長くいい関係を築くことができるはず。

02.
細かいことによく気がつく

野球って実は細かいゲーム。内野ゴロも数センチ違えばタイムリーヒットになることも…。1球ずつは小さくても、ゲーム全体に与える影響は大きいでしょ?

野球好き女性は、小さなことに気がつきます。あなたの好きな色、仕事でイヤなことがあった時、気分によって飲むビールのブランドを変えることも。認めましょう!彼女たちは細かいことが大切だと知ってるの。そこ、嫌いな人なんている?

03.
どんなにヘマをしても
期待し続けてくれる

シーズンが開幕するとすべての野球ファンが「今年はやってくれる!」と言っていることに気がつくはず。前年の成績なんて関係ないの。これは女性ファンも一緒で、いつもチームの味方。これは恋愛関係にもあてはまります。熱烈な野球ファンは何が起きても、どんなに時間がかかっても、うまくいくと信じてる。

シカゴ・カブスのファンは108年もチームが優勝するのを待っています。彼女にすぐメッセージを返さなくても、別に気にしないんじゃないかしら。

04.
どれだけ退屈な「ゲーム」も
楽しんでくれる

夏の夜は球場で過ごしたい──。野球ファンなら当然のこと。レストランや映画もいいけれど、一緒にビールを飲みながら試合を楽しむほうがいいんじゃない?「ねえ、どっちが勝ってるの?」なんて面倒な質問も、彼女たちならしてこないし。

たくさんのスポーツがあるけれど、女性の野球ファンは特別で珍しい生き物。他の人から見たら退屈でも、彼女は大好きなんです。だから心配しないで。あなたがどんなに退屈でつまらなくなっても、彼女はあなたのそばを離れないと思うわよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
初デートに行って「なんかこの人とは合わないな…」と思うことはありませんか?「Elite Daily」のライターAlexia LaFataさんは、大手マッチ...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです。
ここでは、少しニッチなデートサイトを紹介します。知ると、こんなものまで?と思うかもしれません。
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...