女性ライターが語る、デートで男性がおごらなくてもいい理由

男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。

でも「Elite Daily」の女性ライター、Alexis Garciaさんは「男性は全部を払わなくていい」「むしろ、おごられたくない」とまで言います。この記事を読み終えるころには、男性も女性も、その理由に納得してしまうかもしれません。

初めて食事に行く男性に
「割り勘にしよう」と言ったら驚かれたの

347584bf7125bb1f666a14ee5bf354ae3935dd28

私、最近6年付き合った彼と別れたの。それでここ数ヶ月いろんな男性と食事に行くようになったんだけど、レストランでのお会計のとき、私が自分の分を払おうとお財布を出すと、ほとんどの男性が「信じられない」っていう顔をするの。

それまで友達と食事に行ったときは割り勘にするか、自分が頼んだ分だけ払うのが普通だったから、男性たちに「今まで食事した女の子は、まったくお金出さなかったの?」って聞いたら「出さなかったよ」って。

どんな場面でも
相手に自分の分まで払わせたくない

私はただ、自分の分を払おうとしただけなのに、変な目で見られてびっくりしたわ。だって、どうして相手が私の分まで払う必要があるの?今日が初めての食事なのに。それに、まだ付き合ってもいないのに。

友だちと一緒にレストランやバー、クラブに行ったとき、友だちが私の分まで払おうとしたらおかしいじゃない?私はどんなシチュエーションであれ、相手に自分の分まで払ってもらおうなんて考えるのは、失礼なことだと思うの。

時代の変化に合わせて
フェアにいくべきよ

41272922af1aaddb7c45579fea8399a5236a1b3f

ひと昔前なら、男性が女性の分まで払うのは当然だったかもしれない。女性は家にいて、家事をして食事を作り、子どもの面倒も見て、夫に尽くさなければならなかったし、お金を稼いでる暇なんてなかったから。

だけど、今では女性は自分たちのために働き、成功し、昔とは比べ物にならないくらいたくさんのことができるようになった。私は女性に生まれて幸せよ。だからこそ、前時代的な性差別には正直、腹が立つの。

別に、男性の肩を持とうっていうんじゃない。でも、私たちは時代の変化についていかなきゃいけないでしょ?男も女もフェアにいこうって言いたいだけなの。

時には女性が男性に
おごってあげてもいい

男性が相手女性の分まで払いたい、と思うならそれはそれでOK。女性だっておごってもらうことを期待しているかもしれない(でも、当然だと思うべきではないわ)。

私は私の分を払うし、毎回相手の男性におごってあげてもいいのよ。男性が気に入った女性の分まで払ってあげるのと同じようにね。私がデートに行った男性は、みんな嫌がったけどね。

スマートにデートを終えるために
女性からできる4つのアクション

164ffe152f0ac2c4c4dc685c314dedb7580fb38f

私みたいに、おごられるのは好きじゃないっていう女性のために、支払いのときに揉めない4つの作戦を考えてみたわ。女性のみなさんはぜひ試してみてね。男性に借りを作ったと思わなくて済むし、お互いストレスフリーよ。

1つ目は、食事が終わったとき、女性のほうからはっきりとウェイターに「会計を分けてもらえますか?」と聞くこと。簡単でしょ?

2つ目は、女性がお会計を頼み、半分ずつ払うことにしてさっさと自分の財布を取り出して払ってしまうこと。

3つ目は、最初からお会計を分けておくこと。そうしたらあとは別々に払うだけだから、支払いがスムーズでしょ?彼を酔わせたいなら、ドリンクをおごってあげて。

4つ目は、お店ごとで順番に払うこと。食事で会話が弾んだら、別の場所に行くことがあるでしょ。ディナーは私が払うから、次のバーではあなたが払ってね、っていうのもひとつの手ね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
時に男性は無理矢理にでも女性の唇を奪おうとします。そんな経験あなたにはありませんか?どうして、男性は女性の同意なしに、乱暴な行動に移すのか、理由を解説致し...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...