今でも通用する!「1950年代のデート術」

時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」のなかには、今でも通用するものが結構あるのだとか。例えば・・・

01.
初デートに花束は
“デキる男”の象徴!

shutterstock_776207988-old-fashoned-dating-methods150910-02

女性の私だったらば、本当は素敵な観葉植物を持っていきたいところだけど。でも、最初のデートで男性が両手にいっぱいの花束を手に抱えていてくれたなら、その女性に自分が本当に好きであることが伝わり、「大事にされているな」と感じると思うんだ。

02.
友達以上恋人未満?
駆け引きはNG
曖昧な伝え方はしない

デートしたいと思う人がいるのなら、「遊びにいこう」と誘う代わりに「デートがしたい」とストレートに伝えよう。
「遊びにいこう」と誘ってしまって、相手に自分のことを恋愛対象として意識されなかったとしても、あなたには文句を言う資格なんてない。
もっと、率直な表現をすれば、相手がなかなかセックスに及ばないことを不満に思うなら、あなたは、もっと大人になる必要がある。セックスにおいて最も素晴らしいことは、「愛は相手に与えるもの」ではないということ。

03.
バンドマンの生演奏で
ダンスを踊ってみる

shutterstock_164868950のコピー8-old-fashoned-dating-methods150910-03

みんながどうかは知らないけど、私はクラブというものが苦手だ。汗まみれの人たちが、「音楽」とは呼び難い“爆音”の中で踊るよさが、私にはさっぱり分からないからだ。もしも、そんな私と同じように感じる人がいるならば、代わりに、オールド映画みたいに、生演奏するバンドマンの前で踊るのはどうだろう?その方がよっぽどムーディーで、素敵なデートになるに決まってる。

04.
「脈あり?脈なし?」
相手の本気度を
早めにチェック

まだハッキリしない段階で、相手に対して「自分たちの関係は一体何なの?」なんて聞くことは、誰だってバツが悪いもの。それでも、単純にいま「一緒にいることを楽しんでいる」だけなのか?それとも、この関係が「安定するときが必ずやってくる」のか?そこをハッキリさせよう!そして、それをしっかりと聞くことをためらってはいけない。

05.
二人でいるときは
一切の雑音排除
スマホの電源はOFF

shutterstock_1290383488-old-fashoned-dating-methods159009005

デートをしている間は、スマホの電源をOFFにして、お互いのことに集中すべきと私は強く思う。デートの最中に相手が電話を取り出してメールするなんて、悲しすぎると思わない?それほど「自分に興味がない」ことが伝わってくるからだ。

06.
モノで気を引くより
気持ちで心をつかむ

ちょっとしたギフトをもらったり、あげたりするのはもちろん素敵なこと。でも、お金をかけなくたって、自分のために書いてくれた詩をプレゼントしてくれたり、ロマンチックなメッセージを残してくれることだって、じつは女性は嬉しかったりする。それに、きちんととってもおけるし。ちょっと、照れくさいかもしれないけど、これだって相手から大切に思ってもらえていると実感できる、大切な要素だ。

07.
ペアルックだってOK!
オシャレを二人で楽しむ

shutterstock_138395348Same outfit150906-0-6

わりと、フリーなマインドの私から言わせれば、好きな洋服を好きなように着こなせていれば、十分オシャレだって言える。だけど、片方はオシャレをしているのに、パートナーはスポーツ用の短パンにタンクトップといったようなラフな格好で、どう見ても不釣り合いなカップルを、数え切れないほど目にしてきた。
ねえねえ、もうちょっとどうにかならない?デートのときくらいは、服装に気を使うようでなければ、相手にとっても迷惑だから。

08.
初デートは、あえて
自宅前で「おやすみ!」

お互いに波長が合い、直感的に引き付け合うものを感じたのなら、最初のデートだろうと「構わずセックスをする」っていう考えの人はたくさんいるだろう。でも、最初のデートでは、「あえてそれを控えるべき」というのが私の持論。もしも、あなたが相手の部屋に行く決意をしたとき用に、基本ルールを2つご紹介したい。
①デート相手がレストランの店員に対し、横柄な態度をするようならば、彼はとのセックスは避けるべき。
②相手の部屋に小説や単行本が一冊もなければ、そのセックスに魅力はない。
店員さんへの態度は、そのままベッドの上でも横柄な性格だと考えられる。また、小説を読まないような人のセックスなんて、想像がしれているということ。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
ある企画で1950年代の広告と現代の価値観を反映させた「自作広告」を比較しました。「キッチンから出なさい!」と言う誇らしげな女性など、今ではビックリの価値...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。