デートの相手が、あなたを本気で好きな時に言う「ひと言」。聞き逃さないで!

スマートフォンが普及して、アプリの種類が増えると同時に、男女の出会い方も変化してきました。

ひと昔前までは、ネット上での出会いに対する世間の目は冷ややかだったのに対し、今は「最近多いよね。私の知り合いも〜」なんて話がでたり。

つまり、出会うことじたいはカンタンな時代。だからこそ、その先に思いが通じ合って心を通わせられる相手を見つけることは、本当に特別なことだと思うのです。

外国と日本の恋愛観のちがい

6499243095228416

ここで、互いの思いが通じ合う時ってどのような場面なのかを少し考えてみましょう。

日本だと、「告白」がまだまだ主流だと思います。でも、相手が外国人だった場合はどうでしょう?

そもそもの「恋愛観」が違う場合、相手があなたを好きという意志表示も必然的に違ってくると思います。

以前、旅をしていた時に出会った多くの女の子たち(特にカルチャーが違う欧米出身の人たち)に、気になる男性とデートしてから付き合いに至るまでの過程について聞いてみたことがあります。

すると、このような返答が多数かえってきたのです。

「真剣な交際が始まる時は、必ずしも『告白』という行為があるわけじゃない」

「何度かデートして、だんだん2人の時間が増えていって、家族や友人に紹介したりする。そうなったらもう自他ともに認める恋人同士よね」

そうそう、彼らには日本にはないデーティングと呼ばれる期間があります。この間は、互いに惹かれ合いつつ、相手を知っていくことに時間を費やします。

なぜなら、彼らが意味する「boyfriend」「girlfriend」という言葉は、日本で言う「付き合ってみてダメだったらすぐ別れればいいじゃん」という感覚よりも、ずっと真剣なものだから。

思いが通じ合う瞬間
絶対逃さないで欲しい「フレーズ」

4785773811335168

ちなみに、デーティング期間中は自分にとって最適なパートナーを探す期間であり、デートする相手は1人に絞らなければいけないなどという決まりはありません。

だから、あなたが新しく出会って「イイな」と思う相手に対しても「自分以外の人とも(恐らく)会っているだろうな〜」くらいに構えていた方が、後々ムダに傷つくこともないでしょう…。

で、タイトルにも書いた、相手があなたを本気で想っている時に言うであろう「フレーズ」についてですが、以下のものがあると思います。

「I'm not seeing anyone else(会っているのは君だけ)」

もちろん、これ以外にも該当するフレーズはあります。でも、この言葉はデーティングの感覚になれていない人が聞いたら、「ふ〜ん、そう」と流してしまう可能性が高いのでは?

反対に、真剣な表情をして相手にこのフレーズを言われたことがある人ならば、その意味がきっとわかるはず。ちなみに私は、言われた側になったこともあれば言う側になったこともあります。

文化が違えば、おのずと愛の“告白”の仕方も違ってくるでしょう。だからこそ、思いが通じ合う瞬間があれば、そのチャンスを絶対に逃さないで幸せになって欲しいのです。

好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
いろんなストーリーが浮かんできます。
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...