夫婦になったからこそ、デートで意識するべき6つのポイント。

長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあってほしいのは、ふたりの愛を二倍増しにしてくれるデートタイム。

Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんは、夫婦になったからこそデートは張り切るべきと主張しています。彼女が考える「夫婦のデートに必要な6つのこと」とは?

01.
わざわざおしゃれする

カジュアルなディナーに行くのに、なにもシンデレラのようにドレスアップする必要はありません。でもたまにはお気に入りの格好で、最愛のパートナーと夜の街に繰り出すのもいいでしょう?相手に思わずウットリしてしまったら…あなたという「包み紙」で相手を覆い隠してしまいましょう。そうしたら、最高の夜になるはず。

02.
相手の容姿を褒める

「その服もアクセサリーも、キミの笑顔も最高だよ」なんて褒められて、有頂天になっていた頃を思い出してください。この幸せ効果は、結婚したってまだまだ健在。パートナーにドキっとさせられたら、素直に伝えましょう。

03.
さりげないスキンシップを

なにも外で濃厚なキスをする必要はありません。レストランに向かう道中、手をひいてエスコートしたり、ほっぺたにさりげなくキスしたりする位が丁度いい。小さなことですが、デート中のスキンシップはいつも以上に愛らしくてときめくものです。

04.
サプライズは忘れない

サプライズの効果が薄れることなんてありません。例えば、パートナーに場所を伝えずに素敵な旅行をプランしてあげちゃったり。相手の興味をそそるサプライズだと、余計に感動しちゃうかも。結婚したからって毎日を同じように過ごす必要なんてありません。ちょっと道草をして、いつもとは一味違う体験に飛び込んでみて。

05.
周りの目を気にせず
イチャつく

パートナーとじゃれ合うのはいくつになっても愛らしい行為。さらに結婚してパートナーのツボが掴めてくると、このいちゃいちゃタイムが一段と楽しくなるんです。その上ふたりしてふざけ合うことができると、関係にさらなる安定と自信が舞い込んでくるはず。存分に戯れたあと、一緒に家まで帰れちゃうなんてところも最高。

06.
出会った頃を忘れず
思いっきり楽しむ!

結婚したからって冒険を諦めないで。だって夫婦になったら楽しみもワクワクもなくなっちゃうなんて、あんまりだから。パートナーが大切な存在であるという思いを込めて、いくつになっても楽しくデートへ出かけましょう。それはふたりの関係が新たなステージへと向かっても、ふたりが結ばれた出発地点を忘れていない、というささやかなサインなのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
初デートに行って「なんかこの人とは合わないな…」と思うことはありませんか?「Elite Daily」のライターAlexia LaFataさんは、大手マッチ...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...