結婚を決める前に確かめておきたい、彼のキモチ5つ。

生きかたも家族のありかたも、どんどん多様化する今の世の中。それでも「結婚」は大きな決断。できるだけ隠し事は最小限に抑えておきたいものです。

出会ってわずか5週間で幸せをつかんだ、ライターAnjali Sareen Nowakowskiさん。彼女がスピード結婚に至ったワケを「Elite Daily」で記事にしました。決断前の確認事項、ここのチューニングさえ合っていれば…。

01.
子どもが欲しいかどうか

子どもを欲しいかどうかは、カップルの将来を大きく左右する重要案件。私は子どもを作りたくなかったので、20代の頃に不妊手術を受けました。もし結婚式当日まで旦那にこのことを黙っていたら、どうなっていたことか。旦那がもし私との間に「子どもが欲しい」と思っていたら、この対応は決して彼にとってフェアじゃありませんよね。

5週間という短い期間で結婚に踏み切ったけれど、それは私たちがちゃんとそれまでに子どもについて話し合うことができていたから。反対に、いずれは子どもが欲しい場合、何人欲しいのか、いつ欲しいのか、などは共有しておきたいところ。

彼は私の希望に同意してくれたからラッキーだったけれど、話し合っていなかったらそれすらクリアにできなかったでしょう。子作りについては、婚約する前までに話し合っておくことです。

02.
セックスに対する価値観

そんなこと話し合う必要ある?なんて思うかもしれません(それに結婚する=セックスが最高!なはず)。とは言え、実際にその価値観を口にすることって、とても重要なんですよ。

とにかく、包み隠さず話し合うといいでしょう。たとえば週に何回やりたいか。実際ベッドでどういうことを試してみたいか。誠実さの解釈の仕方。モノガミーを信じているかどうか、などなど。

実際に話し合うことに少し抵抗を感じるかもしれないけれど、何でも話し合えるような相手じゃないと、とてもじゃないけど一生を共にするのは難しいでしょう。そこまで重要視していないことでも、「話すまでもない」と思ったとしても、とりあえず話しておく。これです。

長く関係を続けていくと、セックスライフも人生のごとく山あり谷ありだと気づくはず。ワイルドでアツアツの営みタイムが一生続くと思ったら、そうでもないんですから。セックスだって、ときを経て変わっていくものですしね。でも、せめて現状を把握しておくためにも、婚約前にセックスについては話し合っておきたいところ。

03.
人生において譲れないもの

「何に価値を置くか」は、人によってじつにさまざま。だから、とても範囲の広いトピックな訳で。

ある人にとってそれは宗教であり、毎週日曜日に教会に行くことかもしれません。ある人にとっては、ヴィーガニズムやボランティアに参加することなどライフスタイルにまつわることかもしれません。

いずれにしてもお互いにとって譲れないものは、バージンロードを歩く前に把握しておきましょう。そして相手の"譲れないもの"が全く一緒じゃないとわかったとき、それを尊重できるかどうかが一番重要な点。

個人にとって大切なこと、ふたりの関係において大切なこと。このふたつはハッキリさせておくことです。相手が大切にする価値観を前もって知っておけば、先々の口論も防げるでしょう。

04.
お金の使い方、貯め方

今後争いごとを避けて通りたいのなら、前もってお金の使い方について話し合っておくことです。完璧に一致する必要はないけれど、使い方に違いがあるのならあらかじめ知っておいたほうが安心できるもの。

私たち夫婦は、出費も貯蓄も似通っています。そうとはわかっていても、婚約前にしっかりとお金について話し合いました。たとえば収入をどのように貯めていくか、将来の家にどれくらいかけたいか、旅行やコンサートにはいくら位お金を注ぎたいか、など。

健全な金銭感覚を育むためには、婚約前にこの話を持ち出すのが理想。とは言っても、早ければ早いほうがいいでしょう。

05.
お互いのケンカのスタイル

私たち夫婦の例を挙げると、私はケンカっ早いタイプで、旦那は懐が深いタイプ。この違いを踏まえて、今後うまくやっていくために何が必要かについて、私たちは婚約前にじっくり話し合いました(うちの場合は、彼がいつもたくさんの愛情を注いでくれるので、私たちの間にはケンカのケの字も出ません)。

健全なケンカができるよう、ふたりで細心の注意を払う必要があります。これはそのための話し合いです。

婚約すると(結婚してからもですが)、生活スタイルはガラっと変わるもの。そんな中、毎日ケンカしているようでは心が折れてしまいます。イラっとするとどうなるか。ケンカをしたあとはどのように仲直りしたいか。どう解決案を導くか。ふたりの関係を崩さずケンカするにはどうすればいいのか。これらが話し合えていれば、きっとふたりは引き裂かれないはずです。

結婚とは素敵な節目ですが、その分重みがあります。ふたりの人間が一緒に生活していくわけですから、考えてみれば話し合いが必要になるのも当然のことです。でも、前もってこの5つの点が話し合えていれば、きっと頑丈な基盤をもとに関係が築いていけるはずですよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
心温まる動画をご紹介。
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
結婚指輪といえば、プラチナ。婚約指輪といえばダイヤモンドが定番。最近は日本でも「指輪を買わない」という人が増えていますが、そうは言っても多くの女性にとって...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...