なかなか仕事が見つからない夫を「35ドルで売ります」と投稿してみたら…

オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした。こんなとき、妻だったらやきもきしてしまうものですが、パトリシアは違いました。
 
夫の求職中でも笑顔を絶やさなかった彼女は、夫の仕事探しを手伝ってあげようと思い立ったのです。

「夫、売ります」と
Facebookに投稿してみたら…

B3a633bec039c05499d6b76027c9b8a9a8d3e8ab
パトリシアがFacebookに投稿したのは、こんな内容。
 
「大工の資格があって、なんでも直せる私の夫、35豪ドル(約2,800円)で売ります!」
 このちょっぴりブラックでユーモラスな投稿に、意外にもオファーが殺到したのです。

フルタイムの仕事も増え
自信を取り戻した夫

「夫を売るなんてひどい」と誤解をされかねない投稿ですが、夫への深い愛情があってこそ。2人は写真の通り、とっても仲良しな夫婦。

このポストをきっかけに、フルタイムのオファーも含め、今では受けきれないほどの仕事の依頼が来ているんだとか。田舎町で力仕事ができる人手も少ないため、とても重宝される存在に。しかも「本当に何でも直せる!」と依頼をした人たちからの評判も上々。

「仕事がない時期は、自信をなくしていたんだ」と言うケンも、徐々に自分が必要とされているという実感が持て、今では毎日、生き生きと働いているそうです。

妻のパトリシアも、夫への愛情と茶目っ気たっぷりにこう話します。

「昔と今とでは、仕事の探し方自体が変わってきているのかもしれないですね。もっとユーモアを持って動いたほうが、仕事につながるのかも」

Licensed material used with permission by Trish Wilson
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
結婚カウンセラーとして活躍するCarin Goldstein氏。数多くのカップルの失敗例も見てきた彼女だからこそのアドバイスがこちら。女性は「夫の気持ちを...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...