子どものために徹夜をしたからって、ボクを褒めないで。それは当たり前のことだったんだ

いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。

「No Idea What I'm Doing: A Daddy Blog」でクリント・エドワーズさんが書いた、男性目線のエピソードが話題になっています。

自分は「よくやっているほう」
だと思っていた

9651eda12f5d6fb9996afffef9f332991ed03813

僕は育児に関して「よくやっているほう」だと思っていた。子どもが夜にグズって、へとへとになった朝、僕は言った。

「少なくとも僕は、子どもの夜泣きに付き合って、ずっと起きている。普通の男性はあまりしないんだから、もっと感謝してくれてもいいんじゃない?」

「僕がいて、君は本当にラッキーだよね。父親としての役割以上のことをこなしているわけだし」

とも言った。

ちょうど朝の7時をまわったところだった。

妻はほつれ髪と赤い目で、子供を抱いたまま椅子にもたれていたけど、僕の言葉に一瞬固まった。

以前、僕たちは「子どもの寝かしつけは母親の仕事」と、話し合っていたこともあった。だから妻はこの意見に賛同してくれるものとばかり思っていた。

でも妻は子供をしっかりと抱きなおすと、僕の目を見据えて言った。

「そういうこと言うの、やめてくれる?」

妻はものすごいストレスを
抱えていたんだ

9a73dc3cc0903333f8e2a2b4e42752e7295f7549

当時、妻はまだ学生で、かつ三児の母で、さらに学校のボランティアまでしていた。

いつも子供を足元に張り付かせたまま、ダイニングテーブルで教科書を傍らに、何時間もキーボードを打ち込んでいた。

毎日の子どもの世話、病院に連れて行ったり、食事を用意したり、スポーツ教室や課外活動の送迎、子供たちを健康で清潔な状態に保つこと、そして公共の場での子供たちのお守り、家を清潔に保つことで手一杯だと、ときどき妻はつぶやいていた。その上、妻は子供たちの面倒をひとりで見ることに、ものすごいストレスを感じていた。

そんな彼女に配慮して、どれだけの家事や育児を手伝ってきたことか。

それなのに妻は、僕が「家庭的な父親のふりをするために子守りをやっている」と感じていたようだ。

もちろん僕はそんな風に思ってはいない。僕はただ、自分たちの結婚生活に、僕なりの貢献をしていることに気づいてもらいたかっただけだ。

こんなに家のことをやるなんて、僕は本当に父親としての枠を超えていると思っていた。

出勤する支度を終えてランチボックスの入ったカバンを手に取ると、ちょっとためらいがちに言った。

「何でだよ?だってそうだろ。他の父親がやってないことをたくさんやってるんだ。僕っていい男だろ」

「この子は、
あなたの子でもあるのよ」

Ad27d08eb9dd1b532375fe4cd068f8c7534a66ae

妻は子どもを抱いたまま、立ち上がっていた。上の子はまだ寝ていた。だから僕らはひそひそ声で続けた。

「だってこれじゃ、2人で協力してやっているって思えないわ。あなたが寝かしつけをするたびに、なんで感謝しなくちゃならないわけ?この子はあなたの子でもあるのよ」

妻は、僕が家のことを手伝うことについては感謝していると言ったが、父親として当たり前のことをしているだけなのに、さもすごいことかのように「やってやった感」を出すのがイラつく、と言った。

僕は腹が立った。いますぐ妻に、時代錯誤のジェンダーによる役割分担でやっている夫婦が知り合いにどれほどいるか、リストを突きつけてやりたかった。

でもこのままだと余計なことを言ってしまいそうだから、家を出て会社へ向かった。

出勤途中に考えていた。最後に皿を洗ったときも、僕は感謝されるべきだと思っていた。

でも初めて「なぜか?」と自分に問いかけてみた。僕だってお皿を使ったのに?

妻を助ける、じゃなくて
それは当たり前のことだった

D6e3c0ab2dd5dfc671c153d551b1cb91515255ff

そして僕は、掃除や洗濯などにも同じように、褒められることを期待していたんだと気づいた。

それは本来は自分の仕事ではないことを、やってあげているという認識だったからだ。本当にバカみたいだ。

「妻が家事や育児に責任を持つのが当たり前だ」という価値観が深く根付いていて、子どもの寝かしつけをしているときも、妻を助けてやっているというスタンスでやっていた。

車を停めてオフィスに向かって歩く頃には、すっかり落ち着いていた。妻に電話して、僕が悪かったことを伝えた。

「君が正しいよ。夜中の子守りを、何かすごいことしているみたいに振る舞うべきじゃなかった。これからはもうやめるよ」

「ありがとう」

短い沈黙のあと、妻は言った。

Licensed material used with permission by yourtango
More content from YourTango:
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
最近、あなたは人に褒められましたか?または褒めましたか? 坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、褒める行為について彼女なりの考え方がまと...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...